calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

LastFMで顧みる、音楽的趣向。その1(続き未定)

当サイトの右ペインのブログパーツ、「アンケート・当サイトで
今後読みたいカテゴリは何ですか?」の真下くらいに。


 
 
LastFM
 
 
こんなパーツがあることをご存知であろうか。
これは、「LastFM」(http://www.lastfm.jp/home)のブログパーツ。
PCや I-Pod の再生履歴をブログに表示できるという機能を持つ。
同種のサービスの「PLAYLOG」よりは、使いやすい。


 音楽の好みは十人十色。そんな好みを把握する音楽サービス、それが Last.fm。
 あなたの聴いたトラックが音楽の好みをあなたの Last.fm プロフィールにインプット。
 それをもとにLast.fm は同じ音楽センスのユーザーとあなたをつなげ、
 互いの音楽コレクションからおすすめ音楽をお届けします。

 あなたが Last.fm で音楽を聴くとサイトはますます充実。
 あなたのために、そしてみんなのために。
 音楽を友だちにすすめる、タグを付ける、
 コメントする ― そしてただ音楽を聴くだけでも、
 あなたはサイト上でその楽曲の存在価値を高めているのです。
 あなたの聴いた楽曲が世界中のユーザーにおすすめ音楽として配信される。
 いいと思った楽曲を聴けば聴くほど音楽チャートで上位にあがり、
 もっと多くのユーザーがその楽曲を耳にする − サイトを動かすのは、
 あなたが聴く音楽なのです


 LastFM(http://www.lastfm.jp/about)より

・・・・。正直、ユーザにとって何がお得かわからない。。


それはさておき、これを使用するには、


http://www.lastfm.jp/download から
 「Last.fm Scrobbler」なるソフトをダウンロード。
 (i-tune・winamp・Windows Media Player・i-pod の再生ソフトに対応。)
 
常駐し始めた右下のトレイから「Last.fm Scrobbler」を立ち上げてみると


interface 
 
インストール後の「Last.fm Scrobbler」。
緑の線で囲んだところがアーティスト情報。
赤で囲んだところが「テイストが近いアーティスト。」
(正直、「?」なアーティストも挙がってくるがご愛嬌。。)
画面左の上から二番目、「マイミュージックプロファイル threeamop」から
過去の再生履歴が、「ベストアーティスト 」、「ベストトラック 」別に

* 過去7日
* 過去3ヶ月
* 過去6ヶ月
* 過去12ヶ月
* 総合


別に集計してくれる。


http://www.lastfm.jp/tools/charts からブログに貼り付けるための
自分の気に入ったチャート形式を選び、そのソースコードを
自分の好きな場所に貼り付ける。

コード選択



で、完了。自分のブログに再生楽曲に反映されるまでしばらく待つ。
(一時期、LastFm側のサーバが落ちていて、ずいぶん長い間表示されなかった。。)


しばらくインストールしたまま放っておいたのが、
ちょっと覗いてみる。
ちなみに、

LastFM

の赤線で囲んだ部分のクリックしても、3amop(threeamop)の再生履歴が
誰でも嫌でもご覧になれます。


ランキング画面



ではでは、以下、3amop(threeamop)(当サイト作者)の過去3ヶ月の、
アーティスト別再生回数TOP235です。




人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
↑記事がお気に召したら、クリックして頂けたら幸いです。


JUGEMテーマ:音楽


順位 アーティスト 再生回数 注目度
============================================
1 m-flo 132★★
2 Fishmans 126★★★★★★
3 The Smiths 122★★★★★
4 Atari Teenage Riot ★★★★ 112
5 椎名林檎 106
6 Belle and Sebastian 87★★★★
7 エレファントカシマシ 84
8 THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 82★★
9 Erykah Badu 74★★★★
10 Lauryn Hill 70★★★
11 電気グルーヴ 63
12 Radiohead 62
13 Massive Attack 57
14 小島麻由美 50
14 Pizzicato Five 50★★★★
16 Asian Dub Foundation 48★★★★
17 ハナレグミ 46
17 EGO-WRAPPIN' 46
19 Substance 44
19 4hero 44
21 くるり 40
22 Fugees 38
23 bonobos 37
24 Basic Channel 32★★★★★★
24 Cloudberry Jam 32
26 Vainqueur 30
26 スピッツ 30
26 Daft Punk 30
29 BUCK-TICK 28
29 Rhythm & Sound with Tikiman (Paul St.Hilaire) 28
29 Aphex Twin 28
32 The Jon Spencer Blues Explosion 27
32 Tha Blue Herb 27★★★★★
34 Jack Johnson 26
34 Jacques Tati 26
36 空気公団 25
36 Jude 25
36 Photek 25
39 Norah Jones 23
39 UA 23
41 Sade 22
41 DJ Krush 22
41 サンボマスター 22
44 The Who 21
45 Katerine 20
46 Perfume 18
46 Nitro Microphone Underground 18
48 AJICO 17
49 Draco 16
49 Tahiti 80 16
49 人生 16
52 Luke Slater 15
52 Tricky 15
54 The Prodigy 14
54 Derrick May 14
54 Capsule 14
57 BONNIE PINK 13
57 Cocco 13
57 Maurizio 13
60 Shing02 12
60 ASIAN KUNG-FU GENERATION 12
60 Cornelius 12
60 Boards of Canada 12
64 音速ライン 11
64 グループ魂 11★★★★
64 カヒミ・カリィ 11★★★
64 Patti Smith 11
68 BLANKEY JET CITY 10
68 エリック・デルヴー 10
70 Carl Craig 9
70 My Bloody Valentine 9
70 Frankie Knuckles 9
70 Public Image Ltd. 9
74 スチャダラパー 8
74 サニーデイ・サービス 8
74 LOVE PSYCHEDELICO 8
74 Adam Beyer 8
74 Pat Metheny 8
74 Lee "Scratch" Perry 8
74 TOKYO No.1 SOUL SET 8★★★
74 フィッシュマンズ 8
82 大槻ケンヂと絶望少女達… 7
82 PaperBagLunchBox 7
82 The Blues Brothers 7
82 As One 7
82 大槻ケンヂと絶望少女達 7
82 Drum Club 7
82 Jeff Mills 7
82 World's End Girlfriend 7
82 Nobukazu Takemura 7
82 Spiritualized 7
92 Underworld 6
92 Happy Mondays 6
92 Dance Reaction 6
92 フィッシュマンズ 6
92 Orbital 6★★★★★★
97 Denki Groove 5
97 Pelon 5
97 The Chemical Brothers 5
97 Paperclip People 5
97 Bob Marley & The Wailers 5
97 Arab Strap 5
97 Andrea Parker 5
97 Mad Professor 5
97 Dr. Octagon 5★★★
97 Marmion 5★★★
97 Calm feat. Spiritual African Nova 5
97 Fatboy Slim 5
97 Rasmus Faber 5
97 NUMBER GIRL 5
97 The Roots 5
112 Resilent 4
112 Stereo Fabrication Of Youth 4
112 Helical Scan 4
112 Supercar 4
112 Inner Life featuring Jocelyn Brown 4
112 Namco Sound Team 4
112 Lauryn Hill Feat. Carlos Santana 4
112 supercell feat. 初音ミク 4
112 Porter Ricks 4
112 808 State 4
112 Primal Scream 4
112 Funki Porcini 4
112 Marvin Pontiac 4
112 Love Tambourines 4
112 空手バカボン 4
112 Kyoto Jazz Massive 4
112 Little Tempo 4
112 Shuren The Fire 4
112 大槻ケンヂと絶望少女達 4
112 Underground Resistance 4
112 The BLYZ 4
112 Atlantis 4
134 Blake Baxter 3
134 Monolake 3
134 Stock, Hausen & Walkman 3
134 Ben Sims 3
134 Energy 52 3
134 Jazztronik 3
134 Wu-Tang Clan 3
134 The Future Sound of London 3
134 New Order 3
134 Ash Ra Tempel 3
134 Galaxy 2 Galaxy 3★


(以下は次回・・・・。)




香ばしいところは太文字 and 「★」マークで強調。
節操のないことはなはだしいランキング。

m-flo???そんな聴いてたかなあ??堂々の一位。


●m-flo loves BONNIE PINK / Love Song



。。。。。MC VERVAL は取り合えず何を言ってるか判らんが
カッコいいことは否めない。


そして、人生のなかで最も衝撃を受けたフィッシュマンズ。
過去の記事で散々書いたから
ここでは敢てクドクドと書かない。

●Fishmans-土曜日の夜




そして、The Smiths。80年代のイギリス最大のトラウマ。
ギターは耽美かつノイジー。後ろ向きな歌詞。
暖かい泥濘でのた打ち回るような・・・・。

●The Smiths - Still Ill (Rank Album Live Footage)




そして、ミレニアムが生んだドイツ発のデジタルハードコアパンク。
Atari Teenage Riot。今聴いても初期衝動はすさまじい。


●Atari Teenage Riot - Speed




●Belle and Sebastian - Lazy Line Painter Jane



Belle and Sebastian。グラスゴーの生んだ豪奢な憂鬱の美しいメロディ
前にも書いたが、この曲に最近は尽きる。素晴らしい。


●Pizzicato Five - Happy Sad (Live) ピチカート・ファイヴ ハッピー・サッド



おされさん御用達。Pizzicato Five。
キャッチーなメロディと裏腹な、ペシミスティックな歌詞が素敵だった。


●(PV) Asian Dub Foundation - Buzzin



こいつらこそ真のクロスオーヴァー!!
ホントに元気が沸く。体が動く。腰で聴く。


そしてエレカシ。最近ハマっている。


●エレファントカシマシ - 悲しみの果て



●ガストロンジャー / エレファントカシマシ



まるで、飲み屋にたむろするデキアガッたおっさんに絡まれているような
名曲。カラオケで歌うと場の空気が生暖かい視線で満ちること請け合い。
VO.の宮本にしか歌えない真骨頂。


最近自分の中で、無駄に再評価が著しいLauryn Hill。
アルバム「Misseducation」。すごく完成度高いと思うのだが、
最近音沙汰聴かなくて寂しい。

●Lauryn Hill-Everything is Everything




で、Lauryn Hill の後釜をまんまと掻っ攫った、

●Erykah Badu - On & On



ホンモノのアフロアメリカンデーヴァ。このユルい音と
有無を言わさぬモーディかつ強靭なヴォーカルは否応なく聴いてるリスナを
トリップさせてやまない。


THEE MICHELLE GUN ELEPHANT?最高だろ?
歌詞、声、ギター。完璧なバンドだと思うが。
コールタールぶちまけるような黒い音の塊を受け取るのに精一杯だ。

●thee michelle gun elephant ジプシーサンデー



この歌詞に何度ヤラレたことか・・・・。

電気グルーヴ・・・・・・・・・・・・。
十数年聴いていまだ、表現する言葉を持たないのでPASS。



反復は怠惰にあらず。むしろフロアを高揚させる魔法であることを
証明したドイツの孤高のアーティスト集団、Basic Channel 。
DUBとハウスの不穏極まりない融合。

●Rhythm & Sound w/ Tikiman - What A Mistry




Tha Blue Herb。多くはいまさら語らない。
他のアーティスト同様、散々駄文は書いた。
●『この夜だけは』Tha Blue Herb -www.public-image.org-




●グループ魂−ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006-03



・・・・・・・・まあ。港カヲルの原田郁子(クラムボン)へのセクハラまで
しっかり見て欲しい。


●Kahimi Karie - Elastic Girl




例え、「オサレ」、「気取ってるんじゃねえ」と言われても。
好きなものは好きだ。


●TOKYO No.1 SOUL SET - 夜明け前




もはや、ポエトリー・リーディング。ONE AND ONE。
日本のヒップホップにも絡め取られずに、淡々と心にしみる
ハードボイルドなコトバを紡ぎ出す。


●Orbital - Chime (Live at Glastonbury 2004)



Orbital。スキンヘッドのトランスマエストロ。
この「Chime」は名曲だ。
たとえ、あなたが酒以外のものを摂取していなくても
空の彼方へ運んでくれるだろう。


そして僕は何も語るべき言葉を持たない。
世界と僕を変えた一曲。

●Rhythim Is Rhythim(A.K.A Derrick May)
     - Strings of Life (Original Mix
)




こんな病んだヒップホップ、聴いたことがない。
運ばれること請け合い。

●Dr.Octagon - Blue Flowers




●Marmion - Schöneberg (Berlin E.P.)



おそらくドイツ。多分ポ−ル・ヴァン・ダイクの名曲。
ジャーマントランスがまだとてもとても美しかった頃・・・。


デトロイトの cosmic Chaser、UR(Underground Resistance)の生んだ
最高のエレクトロニックJAZZサウンド

●GALAXY 2 GALAXY in METAMORPHOSE 08




疲れた・・・。
今日はここまで。






人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
↑記事がお気に召したら、クリックして頂けたら幸いです。






スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 05:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック