calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

書評・この世でいちばん大事な「カネ」の話 〜「カネとストレス」、「カネとやりがい」の真ん中〜

西原理恵子がする「カネ」の話。


この人が語る「カネ」や「貧乏」は半端ではない。
幼少期の養父のバクチと自殺。
貧しさが未来を食い潰し、負の連鎖を生む環境。
ただただその環境から抜け出したくて、
「イラストレーターになる」という夢にしがみついて、東京へ。
自分の実力の無さを知っても引き返せない一本道。
やっと漫画で生計を立てられるようになってハマる麻雀。
(5千万は負けたらしい)
「無頼」だとか、ありきたりな言葉がかすむような
血が吹き出そうな体験談がつづられている。

断っておくが、西原理恵子は決してその経験で、
安っぽい同情を引くような作風ではない。
他の漫画家が逆立ちしても表現できないような、
叙情と爆笑をつむぎ出す漫画家だ。
心の一番柔らかなところを刺すような感動と、身体を張ったギャグ。
もしかしたら一番好きな漫画家かもしれない。
 
本書・「この世でいちばん大事な「カネ」の話」で語られる「貧乏」は
血がにじむような言葉があちこちにある。
 
 
 お金に余裕がないと、日常のささいなことがぜんぶ衝突のタネになる。
 食べたり着たりどこかに行ったり、そういう生活のひとつひとつがのことに
 ぜんぶお金が関わってくるからね。お金がないと、生活の場面のいちいちで
 どうしても衝突が避けられない。
 それも何十万、何百万の話って話じゃない。
 何万円、何千円の話で激しいいさかいをする。
 たったそれぽっちの金額でののしりあう。
 この情けなさが、わかる?
 
 
普段、目を背けるか、きれいごとで誤魔化してるリアルを
実体験をもとに次々と暴く。
 
 
 あのね、「貧困」と「暴力」って仲良しなんだよ。
 貧しさは、人からいろいろなものを奪う。人並みの暮らしとか、
 子供にちゃんと教育を受けさせる権利とか、お金が十分にないと
 諦めなければいけないことが次から次に、山ほど、出てくる。
 それで大人たちの心の中には、やり場のない怒りみたいなものが
 どんどん、どんどん溜まっていって、自分でもどうしようもなくなった
 その怒りの矛先は、どうしてもどうしても、弱いほうにと向かってしまう。
 貧しいところでは、だから、子どもが理不尽な暴力の、いちばんの被害者となる。
 
 
 貧乏は病気だ。それも、どうあがいても治らない、不治の病だ。
 
 
 「貧しさ」は連鎖する。それと一緒に埋められない
 「さびしさ」も連鎖していく。
 ループを断ち切れないまま、親と同じものを、
 次の世代の子供たちも背負っていく。
 
 
JUGEMテーマ:読書


これは本当に日本のはなしだろうか?
いや、多分間違いなく今も、どこかで繰り広げている悲劇だろう。
格差社会が叫ばれて久しく、困窮している家庭の子は
必要な学歴も職歴も手に入れることができず、困窮を再生産する。
いや、それすらも危ういのか?
 
 
 「貧困の再生産など起きない。彼らは子供さえ持てないから
  いずれいなくなるだろう」
 参議院議員 世耕弘成。祖父は世耕弘一元経済企画庁長官。
 (2006年9月12日(火)週刊SPA!2006年9月19日号49ページ)
 
 
学歴がないから、職歴がないから、不景気だから。様々な要因で
一回レースを降りると挽回は限りなく困難。階層は否応なく固定化される。
家庭に問題を抱えていて、実家に頼るすべすら失われると
ネットカフェ難民、若年層のホームレスへと容易に転落する。
貧しさはもう隣にある出来事だ。
頼るべき共有体もセーフネットもなく
一歩踏み間違えると絶えず、どこまでも落ちていく恐怖。


 (中略)
 メールを確認したのは4月7日。前日まで高知に行っていたので、
 そのメールが出されたのは5日頃だと思う。メールには、
 「22歳のネットカフェ難民の男性です。相談に乗って頂きたく、
  メールしました」とだけ書かれていた。
 お金がないのにネットカフェに入ってしまい、
 出るに出られない状態だという。
 この時点で、その人の名前も、そしてどこにいるのかも
 まったくわからない。
 どこにいるのか教えてほしいと返信すると、すぐにまた返事が来た。
 現在池袋の○○というネットカフェにいるという。
 お金がないのにネットカフェに入ってしまい、出るに出られない。
 その状況は私が様々な報道で見聞きしてきた
 「ネットカフェで所持金ゼロで逮捕」という事件が
 起こる寸前の状況だった。
 このままいけば、間違いなく彼は逮捕されるだろう。
 そしてまったく見ず知らずの私にメールしてきたということは、
 他に頼る人もいないということだ。
 (中略)
 彼は4月から、住み込みの仕事が決まっていたのだという。
 それまでしていた日払いの仕分けの仕事もこの不況で週払いとなったので
 やめることにして決めた仕事だったらしい。
 しかし、住んでいたゲストハウスを3月後半に
 様々な手違いで出ざるを得なくなり、それと同時に携帯も止まり、
 住み込みで働くはずだった会社からは
 携帯が止まって連絡が取れないので「飛んだ」と思われ、
 気がつけば所持金もなく、野宿などをしていたという。
 これまでどうやって生きてきたか自分でもわからない、と
 混乱した様子で彼は言った。
 
 もし私が来なかったらどうしてた?
 そう聞くと、午後5時がタイムリミットだったという。
 ネットカフェ側は午後1時に一度支払いを求め、
 彼は「友達が来るから」と演技して5時まで引き延ばしていたのだという。
 もし5時までになんともならなかったら、警察を呼ばれてしまうところだったのだ。
 私が行ったのは午後4時すぎ。
 1時間遅れていたら、彼は既にいなかった可能性が高い。
 住む場所を失い、携帯が止まってからの間、
 彼はとにかく現実のことを考えるとキツいので
 他のことばかり考えるようにしていたと語り、
 そしてハンガーにマフラーをかけて
 いつでも首が吊れるようにしていたとも言った。

 (雨宮処凛がゆく!「ネットカフェからのSOS。の巻」より)
 
 
西原理恵子は言う。
 
 最下位の人間に人間に、勝ち目なんかないって思う?
 そんなの最初っから「負け組」だって。
 だとしたらそれはトップの人間と勝とうと思っているからだよ。
 目先の順位に目がくらんで、戦う相手をまちがえちゃあいけない。
 (中略)
 だとしたら肝心なのは、トップと自分の順位をくらべて
 卑屈になることじゃない。
 最下位のわたしの絵でも、使ってくれるところを探さなくっちゃ。
 最下位の人間には、最下位の戦い方がある!


さらに本著には「働くこと」に関してとても示唆に富む一節がある。
 
 
 自分が将来何をするのか、「自分がやりたいこと」ってはたして何なのか?
 戦争に負けて、誰もが今日一日食べていくのに
 死にものぐるいだった時代もあった。
 「自分のやりたいことがわからない」なんていう悩みが、
 これほど日本中をおおうだなんて、そのころの誰が想像しただろう。
 「豊かさ」が実現したら
 「人はなぜ働くのか。どうして働かないといけないのか」という
 ことが、悩みとして出現してしまった。
 これはちょっと簡単に答えが出ない悩みだよね。
 でも、こんなふうに考えてみたらどうだろう。
 「やりたいことがわからない」、その問いに向き合うためには
 「カネ」という視点を持つのが、いちばん、シンプルに
 見えてくるものがあるんじゃないだろうか。
 (中略)
 「カネとストレス」、「カネとやりがい」の真ん中に、
 自分にとっての「バランス」がいいところを探す。
 それでも、もし「仕事」や「働く」に対するイメージが
 ぼんやりするようなら「人に喜ばれる」という視点で
 考えるといいんじゃないかな。
 自分がした仕事で人に喜んでもらえると、
 疲れなんてふっとんじゃうからね。
 
 
僕はカネ(≒待遇)への不安で、ただただ自分だけを見て
「キャリアアップ」という呪縛から逃れられずにあくせくして
「勝ち組」・「負け組」の見えない影に怯えて、ただただ空回りしていた。
自分の仕事が顧客の役に立っているのかの実感もつかめず、
とどめに信じられないほどの対人ストレスに直面して潰れた。
「カネとストレス」、「カネとやりがい」の真ん中。
どこだろう。どこを探せば分かるのだろう。
なんだか重大なヒントの気がする。



なお、過去の西原理恵子の書評については以下を。


書評・「パーマネント野ばら」西原理恵子−どんな恋でもないよりましやんー。

書評・「女の子ものがたり」(西原理恵子)−返らない日々。諦念。

書評・「毎日かあさん2 お入学編」−「子育て」に潜む喜怒哀楽

書評・「上京ものがたり」−ワンアンドオンリーのペーソス





JUGEMテーマ:読書



スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 08:19
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
おはようございます。
ループの際に立って、生きたりそのために働いたりする事に対して意味を見出だせなくなっていた時、やはり、人に喜ばれることを仕事に選びました。
まあ働くこと自体がイコール家族や自分を救うことなので職種は問わずまた働き出したという事が重要だったのと思うけども。

誰かの役に立って、なんとか頑張れるよになりました。
世の中銭ズラ〜
  • bnfm
  • 2009/04/21 6:54 AM
>bnfmさん
「人に喜ばれること」って、やっぱり仕事の重要なモチベーションなんですねえ。
誰かのために働く。それすらも避けて
「自分」のために働いていた気がする。
結構、エゴイスティックな働き方だったんだなあと、
今感じました。
  • 3amop@「働く意味」
  • 2009/04/23 9:11 AM
またまたご無沙汰しております。
ブログ引っ越しました。
jugemにやってきました。
ついでにHNも変えました。
あとリンク貼らせていただきました。

3amopさんもよかったら近況でも
書いてくださいね。

ではではまた〜!
>じめ子さん
ご無沙汰しております。
こちらもリンク、改めて張り直させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。


近況・・・・・。
ネガティブなことを書くまいとしたら
書くことが無くなったww
  • 3amop@「他愛もなく」
  • 2009/06/01 3:08 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック