calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

書評・穂村弘「にょっ記」〜微笑ましい妄想〜


評価:
穂村 弘
文藝春秋
¥ 1,300
(2006-03)
コメント:ゆるゆる。歌人・穂村弘の日記(?)集。

またもや歌人・穂村弘の本を。


ただしこれは歌集ではなく、日付ごとに綴られた日記風エッセイ。
あいもかわらずゆるゆるな時間の流れと、余人が及ばない不思議な視点は健在だ。
全141ページ。4月1日から翌年(?)3月31日までの奇妙な日常。
「世界音痴」ぶりは健在だ。
地上からほんの数センチ、ふわふわと浮かんでいるような
妙に頼りなく妄想いっぱいのユーモラスな文章は、
読んでいるこちらもふわふわ浮かんでしまう。
長くても数十行の毎日の雑感は例えば・・・・・


 8月10日
 
 猿
 
 コンピュータを開くたびに、怪しい営業メールのようなものが
 沢山届いている。
 殆どが横文字だ。
 タイトルをみながら、どんどん「ごみ箱」に捨てていく。
 そのなかに「Monkey for you」があって、どきっとする。
 思わず中身を確かめようとして躊躇う。
 ウイルス・メールだったら、どうしよう。
 いや、でも。
 迷いながら、見直すと、なんだ「Money for you」じゃないか。
 がっかりする。
 猿じゃないのか。

「猿だけをあなたに」
 
 私だけのための猿がどこかにいるところを想像する。
 そのつぶらな瞳。


”私だけのための猿”。イマジネーションをかきたてる響き。


 11月4日
 
 猫

 散歩の途中で何匹も猫を見かける。
 遠くからは猫にみえても近づくと意外に大きくて虎、って
 いうのが混ざってたら、こんなに気楽に散歩なんてできない
 だろうな、と思う
 ローソンやデニーズに行くのも命懸けだ。
 今日のはみんな近づいても猫だった。


 6月15日
 
 権力者のひよ子
 
 権力者になった自分を想像する。
 八頭身の愛人の前にひよ子のおまんじゅうをずらっと並べ
 てやる。
 そう、彼女の好物はひよ子
 それも皮の部分だけを剥がして食べるのが好きという贅沢
 な趣味だ。
 私は囁く。
 「ほら、君の好きなひよ子だよ。好きなだけお食べ。皮だけ」
 「嬉しいわ。ありがとう」
 「なあに、これしき」
 「でも、残った皮無しのひよ子たちはどうなるの」
 「君はそんなこと心配しなくてもいいんだよ」
 「でも」
 彼女の柔らかな髪を撫でながら、私は思う。
 皮無しのひよ子たちは、サミットで来日中の各国首脳に食
 べさせよう。


おバカで無害で微笑ましい空想の数々。
読んで穏やかな気持ちになった。

  

スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 07:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック