calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

インド・オリッサ。迫害について。

自らのこともままならない日常だが、世界はそれと関係なく残虐で野蛮だ。


僕は名ばかりのいんちきクリスチャンだが、考えさせられる。
以下、地元の後輩T.Sからのメールの転送。


>皆さんへ
>
>インドから、どうしても日本の人たちにお祈りしてほしい内容があるので、
>メールさせていただきます。ぶしつけなお願いですみません。
>
>日本にはおそらく情報が行っていないと思うので、敢えて伝える必要があると思いました。
>世界の片隅で起きている出来事の一つと思わず、
自分の兄弟が直面している現実と考えてくださるようにお願いしたいし、
>僕もそのように考え、祈るように神様に示されています。
>
>重荷を感じた人は、祈るとともに(グループで祈ってくれるとなお感謝)、
>知り合いにもこの文章をコピペ、転送してお祈りしてもらえるととても感謝です。

>祈ってほしいのは、オリッサという州で起きている、クリスチャンの迫害についてです。
>ヒンズー原理主義者の武装集団が次々に教会を燃やし、クリスチャンを襲っています。
>教会やクリスチャンの家に火がつけられ、男性は縛られ、
>3歳以上の女性は全員レイプされてから殺され、それを男性は目撃させられてから、殺されます。
>人間が生きたままガソリンをかけられて火をつけられています。
>体をバラバラに切断されたクリスチャンもいます。犯行は計画的で、
>オリッサからクリスチャンが逃げられないように交通網も遮断されているそうです。
>クリスチャンができるのは森に逃げることだけですが、森には毒蛇や猛獣がいて非常に危険です。
>これほどのひどい迫害は、最近にもあまり類を見ないそうです。
>インドの警察や政府は、ヒンズー寄りの世論で動くので、
>事がいったん収まるまでは何の行動もおこしません。
>オリッサで始まったこの迫害は、他の州にも飛び火していて、
>デリーからそう遠くない場所でも教会が燃やされました。
>僕がいまいるデリーでいつ同じことが起こってもおかしくないそうです。

>明日、ニュージェネレーションチャーチという教会が主催する、
>この暴力問題に対して社会に呼びかけるイベントに、僕は参加してきます。
>とりなしの祈りの集会にも何度か参加しました。デモ行進も行われており、それにも参加しました。
>
>ニュージェネレーションチャーチの牧師は、
>迫害を通してクリスチャンが強められ、
>福音が広まるような迫害もあるが、
>今回のはそうではない、と示されていると言いました。
>今回のは単なる暴力であり、政府の傍観であり、
>人々の無関心であり、何より、サタンのなせる業だと。
>われわれはこれが止むように祈る必要があると。
>天使を遣わして神様がクリスチャンを守ってくださるように、
>家や家族を失ったクリスチャンたちを励ましてくださるように。
>またこのことを通して、インドという国の抱える問題の
>深い部分に神がメスを入れてくださるように、
>日本のクリスチャンのみなさんにも祈っていただけると幸いです。
>
>よろしくお願いします。
>
>
>陣内俊


参考:http://christiantoday.co.jp/main/international-news-1730.html
   http://christiantoday.co.jp/main/international-news-1740.html


宗教は、その特性として根源的に不寛容だと思う。
十字軍まで遡らなくても、キリスト教だって同じ穴の狢だ。
神の子を名乗り、別の神の子を殺すことが当たり前の世紀は
いまだ終わりを告げない。
極東の多民族国家では異なる宗教を信じることを
国家のへの反逆とまで見なし迫害する。
「極東の多民族国家」ではオリンピックを成功させるために
多くの血を流したであろう。
そしてインド。
差別はあろうけれども異なる価値観(宗教)との共存を
曲がりなりにも維持している国家だと勝手に考えていたので、
この転送されたメールは正直ショックだった。
無知だった。


 宗教別にみたインドの人口比
・ヒンドゥー教徒 80.5%
・イスラム教徒 13.4%
・キリスト教徒 2.3%
・シーク教徒 1.9%
・仏教徒 0.8%
・ジャイナ教徒 0.8%
・その他 0.6%

参考:http://www.indochannel.jp/society/religion/outline.html

所詮、宗教が十全にその最低権利を保持しつつ、「コロサレズ」にすむのは
「数」であり、権力の多寡なのか。そう思うと遣る瀬無い。
暴力の前に、特定宗教への信仰はこんなにも無力なのか。
迫害に苦しんだ信者の前に、「救い」は訪れるのか?
「祈る」という言葉にはいつも無力を感じる。昔からだ。
だがせめて祈ろう。
その実効性も価値も分からないが。



スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 02:43
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック