calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

アルバム評:椎名林檎「教育」

教育
教育
東京事変, 椎名林檎

椎名林檎率いる、東京事変のアルバム
「教育」
を買った。

直球ロックの轟音に乗せて歌われる
一曲目の「林檎の唄」の歌詞が痛快だ。

『 たった今私の名前が分かりました
貴方が仰る通りの林檎です
美味しく出来た実から毎年お届けします
召しませ!罪の果実 』

2ndアルバム「勝訴ストリップ」前後からは、
いろんな意味でギミック満載の活動を
世間に期待されている"トリックスター"ゆえの、
窮屈さがずっと付きまとってたじゃないだろうか。
2003年のクリップ集「性的ヒーリング~其ノ参~ 」
収録されていた「やっつけ仕事」では、
椎名林檎は、芝居小屋のステージ上に
黒子が操る人形に模され、気だるそうに歌っていた。
何だかそのビデオクリップは、椎名林檎の
その頃の「窮屈さ」を象徴していたように思える。

東京事変「教育」で唄われる「林檎の唄」は、
"トリックスター"からの決別なのか、それとも覚悟なのか。
どちらにしても、以前感じていた「窮屈さ」からは
無縁の野性的な音だと思う。

『 あたしを殺して
 其れからちゃんと一人で死ねるのか 』
(東京事変「教育」"入水願い"より)

スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 18:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック