calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

音楽評・「嫌われ松子の歌たち」/〜極上の挿入歌達〜

映画・「嫌われ松子の一生」については、以前にも書いた。


中谷美紀が演じる主人公・川尻松子に、原作とは異なる
天上の階段をゆっくりと上っていく『救い』を与えたラスト。
「下妻物語」でその手腕が既に保証されていた監督・中島哲也の異才。
そして中谷美紀の神々しいまでの美しさと、その演技の圧倒的な力量。
名作だと思う。

嫌われ松子の一生 通常版
嫌われ松子の一生 通常版
中谷美紀

たまたま、図書館で「嫌われ松子の一生」のサウンドトラック盤、
「嫌われ松子の歌たち」を借りることができた。

嫌われ松子の歌たち
嫌われ松子の歌たち
サントラ,和田アキ子,阿井莉沙,中山千夏,Michael Buble,Barbara Borra,及川リン,Tommy Snyder & YOSHIKA,ch,中谷美紀,Matsuko Singers

 その全編を彩る珠玉の楽曲群の中から
 豪華出演アーティストによる書き下ろし曲をメインに
 ヴォーカル曲のみを厳選収録したスペシャルなコンピレーションアルバム!!

 (「嫌われ松子の歌たち」より。)

そうか。そうだったよな。
映画・「嫌われ松子の一生」はそのオトも胸を打つものだったんだよ。
すっかり忘れていた。

恐らく誰にとっても一番印象に残ったと思われる、
BONNIE PINK の「LOVE IS BUBBLE」も名曲だ。
「嫌われ松子の歌たち」に収録されている。
春を鬻ぐ女性を、刹那的でいてなお且つ何の影も射すこともなく
(勿論、映画の内容とは全く別個に)、
キャッチーに歌ってしまったこの曲は BONNIE PINK にとっても
聞き手にとっても素晴らしい成果だ。

LOVE IS BUBBLE
LOVE IS BUBBLE
BONNIE PINK,Youichi Murata

 LOVE IS BUBBLE (愛は不確定なもの)
 LOVE IS TROUBLE (愛は面倒)
 But I could be lovable (でも私だって愛らしくなれるよの)
 if you pay me double (あなたさえ二倍払ってくれたらね)
 愛はバブル 愛はトラブル 2時間だけお相手致しましょう
 
 誰かの明日を支える素敵なお仕事
 money for me, pleasure for you (私にはお金 あなたには快楽を)
 叶わぬ夢は忘れて 白夜の戯言
 money for me, pleasure for you
 
 泡の数だけ稼いで 泡の数だけ登り詰めよう
 泡が割れて手に入れる物は 有り余る自由
 

しかし他の楽曲もこんなにも胸を打つものだったとは。

例えば、中谷美紀が演じる主人公・川尻松子が
ヒモと殺害、逮捕され服役するシーンでの挿入曲。
「What Is A Life」(AI&及川リン)。

AIという(多分)R&Bシンガーがソウルフルに歌う、
その歌詞に僕はヤラレる。
瞳が潤む自分を笑え。
AIと及川リンによる間奏での、
熱唱は本当に高揚する。熱い涙腺と共に。


 「胸の奥が あたたかくて 苦しくて」
 「少しずつ、愛の力が彼女を変えてく」
 「神様まだ、 生まれ変わる ことができるなら」
 「人は変われるの」
 「気づいたの」
 「今」
 「ずっと」
 「進む」
 「生きる」
 「愛のために!」
 
 
そう。この時に中谷美紀が演じる主人公・川尻松子は、
「愛」のために、ただただそのオトコである
理容師の傍に居たいがために、理容師の免許取得に挑むのだ。


そして、やはり(知識としては知っていたが)
和田アキ子は本物のソウルシンガーだった。
彼女の曲、「古い日記」が収録されている。
歌が始まったら、絶対に知っているはずの曲だ。
その歌詞もいい。


 あの頃は ふたり共
 他人など 信じない
 自分たち だけだった
 あとは どうでもかまわない
 
 (略)
 
 好きだったけど 愛してるとか
 決して 決して云わないで
 都会のすみで その日ぐらしも
 それはそれで 良かったの
 
 
 
最後に。
映画・「嫌われ松子の一生」の全編において、
その切なさと愛への希求を鮮やかにしてしまう歌の歌詞を引用する。

 〜まげてのばして〜
 
 まげて のばして お星さまをつかもう
 あけて 背のびして お空にとどこう
 
 小さく まるめて 風とお話しよう
 大きく ひろげて お日さまをあびよう
 
 みんな さよなら
 またあしたあおう
 
 まげて のばして おなかがすいたら帰ろう
 歌を うたって おうちに帰ろう
 

もう一度、聴いてしまったら
涙が出てしまうかもしれない。
随分、歳を取ったものだ。



スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 19:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
前に、自動車学校に通っていると書き込んだ三郎といいます。だいぶ前でしたが…

ブログに関係ないですが、おかげさまで、普通自動車免許、取れたので報告します!ありがとうございました!

僕も3amopさんの紹介した曲、聴いてみたいと思います。ちなみに僕の聴くアーティストは「Jamgo Five」です。マイナーかもしれませんが…。

これからも、ブログ見に来ようと思います!では。
  • 三郎
  • 2008/01/17 9:35 PM
>三郎さん

普通自動車免許取得、本当におめでとうございます。
お疲れ様でした。
くれぐれも安全運転、飲酒運転みたいな馬鹿なことで
大切なご将来をいたずらに乱さぬように
切に願います。

>僕も3amopさんの紹介した曲、聴いてみたいと思います。


是非是非。
映画も本当に珠玉の名作です。


>ちなみに僕の聴くアーティストは「Jamgo Five」です。
>マイナーかもしれませんが…。

う〜ん。初耳です。
どんなジャンルなんだろう?・・・。


>これからも、ブログ見に来ようと思います!では。

こんな駄文で宜しければ、ご愛顧下さい。

本当におめでとう。
  • 3mmop@「おめでとう!!」
  • 2008/01/19 12:02 AM
中谷さんはほんとに素敵な女優さんだと感じます。

そうそう、BONNIE PINKさんも素敵。
今日も通勤する車の中で彼女の曲
色々かけまくって歌ってましたw


http://jp.youtube.com/watch?v=bwFPhA0OJJ0
http://jp.youtube.com/watch?v=3KPeeUIDIyc&feature=related
http://jp.youtube.com/watch?v=28-y-aWBZVY&feature=related
とか彼女の素敵な曲は数え切れません。

映画「Laundry」の主題歌、
atami Performed by BONNIE PINKのUnder the sunは
泣けます。かなり。↓
http://jp.youtube.com/watch?v=C2a4em-_eL4&feature=related

嫌われ松子から話がそれました(汗)
  • ARON
  • 2008/01/20 10:53 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック