calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

何も変わっちゃいない〜 フライヤー 96〜01。(「Maniac Love」とそのジダイ。)

最近何故か急に思い立ち、散らかり放題だった部屋を片付ける。


まあ、出るわ出るわ。
大量のゴミと、一部洒落にならないモノと、オンガク関係の紙媒体。
Tower Record で無料でもらえる、「Bounce」なんて、
整理して縦にして積んだら、1m以上にもなった。
そしてどっかにあるはずと思ってた、
さまざまなミュージシャンやクラブイベントのフライヤー。
やっぱり案の定、後生大事に取って置いていたんだ。
自分にあきれる。
片付けることを忘れ、過去の記憶の断片に
しばしばココロが持っていかれる。
困ったものだ。

僕は思わず、声を上げる。
今は無き、東京アンダーグラウンドシーンの聖地。
テクノ系では最上と言われていた、
伝説のクラブ「Maniac Love」のフライヤーが出てきた。

maniacloveのフライヤー

「Maniac Love」への思いは、以前にも書いた。
開店時期は1993年から2005年。12年間の奇跡と伝説。
何度か改装しているが、
スピーカーとDJブースとフロア以外は、
極力贅肉をそぎ落とした、真っ暗闇とシンプルな照明の
フロアーだったあの頃が、僕は一番好きだ。

スケジュールもあった。あのDJ Q'HEYも、
もう「Reboot」というレギュラーパーティを
月1回、金曜に持っている。

maniacloveスケジュール

そして伝説のテクノレギュラーパーティ。
もはやあり得ない毎週土曜日の歓喜。
「Cycle」〜 HYBRID DANCE FROOR 〜のフライヤー。

cycle

暗闇の中のストロボライト。
一体、何度僕は絶叫し、身が朽ちるまで踊ったのだろう。

 爆音の中で聴こえる静寂。奇跡の周波数。
 THA BLUE HERB 
 「 Annui Dub (thank you very much my Friend」より)

そして、「Cycle」のゲストDJに、
Derrick May が来た夜。確かそれは97年5月8日。
欲深くダンスを渇望するフリークス共が、
エクシタシーを約束された夜。
「デトロイトテクノ」と呼ばれるスピリチュアルな
エレクトロニックミュージックのオリジネーター。
「Strings Of Life」、「Icon」・・・。

Innovator
Innovator
Derrick May

(一部曲名は違うが、上記の曲が収録。)

ジンセイを変えてしまうような名曲を生んだ男。
「Strings Of Life」はもはや、テクノの聖歌だ。
世界中のダンサー達が持つココロの、
一番柔らかい部分をわしづかみにしたであろう曲。
Derrick May は、僕にとっては神様のような存在だ。
そして、彼はDJも素晴らしい。
FUNCYで、エロス。そしてスピリッチュアル。
Derrick May のDJはまさにその表現に尽きる。

南青山の地下。
マッドな真夜中の魔法。
Derrick May のプレイのそのオトに完全にハマり、
フロアは叫び声もまばらで黙々とダンスしてたように記憶している。
あろうことかDJプレイの途中で、奴はDJブースから出て、
僕のすぐ隣で黙々と踊り始めた。
カミサマが僕の横で踊っている・・・。。

何度もアンコールを求めるダンサー。
しかしフロアは、朝とクリアライトを遂に向かえた。
夢のようなプレイが終わった。
魔法の終わり。
呆然とした。口もきけなかった。

店を出るクラウド一人一人に、握手をする Derrick May。
僕は勇気を出して、学生手帳にサインをしてくれるようにせがむ。
彼は気さくに応じてくれた。
今回の部屋の片付けのおかげで、
発見できた。宝物だ。

DerrickMayのサイン

いかに素晴らしい時間だったかを、つたない英語で伝え、
そして万感の思いを込めて、
「You Are My Idol!」と訴えた。
彼はにっこり笑って、僕の肩を抱き寄せてポンと叩いてくれた。
今でも鮮明に思い出せる。
一生忘れることはないだろう。

そもそもテクノミュージックにハマッたのは、高校時代から。
そして予備校生の癖に、日本初の大型野外レイブであった
「Natural High 95」に参加したのが運の尽きだった。
DJは、YO-C、田中フミヤetc。そうそうたるメンツ。

Natural High 95

もちろんあの石野卓球もプレイした。(0:54あたりから)



気が触れるかと思った。

そしてDerrick May もプレイした。
彼のDJはそれが初体験。
素晴らしかった。



オトをミキサーのクロスフェーダーでズタズタに切り裂く、Derrick。
ハウスの名曲、リル・ルイスの「French Kiss」(1:55あたり)や、
ドナ・サマー「I Feel Love」の珠玉の名曲を
惜しげもなくかけ殴る。
そして自らの曲、「Strings Of Life」を(2:29あたり)
指でレコードを回して、ゆっくりと立ち上げる。
夢幻の極み。完全にヤラレてしまった。

「Natural High」は 96年を最後に開かれることはなかったはずだ。

Natural High 96

東京の湾岸で開かれた「Natural High 96」。
大学の友人と暴れるように踊った覚えがある。
ニッポンのテクノシーンの黄金期だったかもしれない。
確実に何かが変わる気がしていた。





発見されるのは、何もテクノ系のフライヤーだけじゃなかった。
まあ、ボブ・マーリーは、地元のバーで15年以上も
聴いてきたのだから、あっても不思議ではないが。

ボブマーリー

そして渋谷系と呼ばれたオンガク絡みのフライヤー。

カヒミカリイ

PizzicatoFive

KAHIMI KARIE。
PIZZICATO FIVE。

MOWAX

DJ SHADOW

そして、MO'WAXレーベル。
DJ Shadow の「Endtroducing...」。

Endtroducing...

Endtroducing...
DJ Shadow

こいつはアナログ盤で持ってる。名盤だ。
沈鬱な、地を這うようなブレイクビーツ。

結局、捨てるにはあまりに惜しいので、
木製のワイン箱から外した板に、
それらのフライヤーを画鋲で止め、壁に立てかけた。

板に貼り付けたフライヤーその1

板に貼り付けたフライヤーその2

そして、やはり当時の名盤を含めてCDを壁に飾る。

飾ったCD


そうだ。歳を取り、世紀は変わり、何もかも移ろった。
しかし、結局何も変わっていない。
「「BEAUTIFUL DANCERS!!@都内某公園」」
「Tokyo Dance Music Festival 2007」。
30歳を過ぎて、こんなにもダンスを渇望するとは思ってもいなかった。

聴くモノ、読むモノ、観るモノ、そして感性は
ジダイと共に流れたが、僕の座標はあいも変わらず
1996年から2001年。その前後から、どうやら動いてはいない。
それは不幸なことなんだろうか。
それとも幸福なことなんだろうか。



 あの夜だけが変わらぬ真実のひとつだと思っていたければ
 
 THA BLUE HERB 「あの夜だけが」







スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 16:07
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
さっき90年頃のCDアルバムを聞きながら「このアーティストの曲は古くならないなあ〜」とか母と語ってたのですが、

自分が古くなっている

という可能性に気付いて震えました。自分が古くなっているから古くならない。新しい曲が受け付けられない…等。いや、他の90年代のCDは古かったから大丈夫だとは思うんですが。
怖い{{(>_<)}}
  • bnfm
  • 2007/12/08 8:15 PM
このkahimiさんのフライヤーって「i am a kitten」が入っているアルバムのでしたと思うのですが、違いました?
どの曲が収録されていたか忘れてしまいましたが購入した記憶があります。
何故か部屋にサトシ・トミイエさんのCDについてきたと思われる安っぽいレコード入れるカバンもあります。
同じくついてきたと思われる腕時計も実家のどこかに転がっているはずです。

3amopさんのblogを読んで私も懐古的になってしまいました。
  • chatte
  • 2007/12/08 9:13 PM
>bnfmさん
こんばんわ。

>自分が古くなっているから古くならない。新しい曲が受け付けられない…等

オンガクに限って言えば、洋の東西を問わず、
古今を通じても「イイオンガクはイイ」。

別に悪いことではないし、その価値は受け手が
キャッチできる限りにおいて、時代を問わず機能すると
思うんです。
例えば、昨日一緒にカラオケに行った29歳の後輩・T君は
ここ最近、ジミ・ヘンドリックスにハマりまくっています。
世代的には絶対あり得ない嗜好です。
それに自分にとって新しいモノは、意識して
取り入れたりすることはできるし、
僕も、オンガクに限らず意識だけはしてます。
例えばジミヘンなら「All Along The Watchtower」って曲があるのですが、元はボブ・ディランの曲で、U2も
カバーしている。
詳しくは無いですが、ヒップホップもすごくルーツ辿りが
深いです。だってもともと既存の曲の間奏(ブレイク)を繋いで、音を作るジャンルだから。
名古屋出身のラッパー、SEAMOの
「ルパン・ザ・ファイアー」なんて、オトもセリフも
テーマもサンプリングしてますw
あと、好きな音楽ライターが口を揃えて
絶賛しているバンドとか。
フィッシュマンズ(http://3amop.jugem.jp/?eid=101)は
まさにそれ。それまでテクノどっぷりで、
日本のポップスなんて糞呼ばわりしてたけど
完全にヤラレてしまいました。で、レゲエにも興味が沸いて、DRY&HEAVYを聴いたり。。
そんな風に、ルーツや枝の分岐や隣接ジャンルを足掛りに、割と広がります。

でも味覚とかと違って、好きなものの対象は変わるけど、
その志向というか「軸」。
「軸」は減ったり増えたりはするけど、それは案外
変わらないのかもしれません。
僕だと昔は、スピッツの「ロビンソン」に感激したけど、
今は音速ライン(http://3amop.jugem.jp/?eid=745)の方がいいとか。
この場合の僕の「軸」は「切ないメロディと歌詞」。
「血を吐くようなコトバ&プリミティブなロック」が「軸」なら、昔はそれこそ筋肉少女帯やら、Number Girl や、ミッシェルやcocco、ブランキージェットシティだったのが
今はサンボマスターや、アジカンとか。
「ベースが効いててFunkyなダンスミュージック」が「軸」なら、今はもう楽曲単位じゃなくてDJミックス。

「軸」はきっと一番多感な10代後半から20代後半までに、
決まってしまうのでしょう。「
軸」を座標に広がっていけばいい。
そう思います。

追記:なんて偉そうなことを書いてますが
   昨日のカラオケでは野郎4人で
BUCK-TICKタイムでした。w 世代が出るなあ。。
  • 3amop@「極私的オンガク論」
  • 2007/12/09 1:33 AM
>chatte さん
こんばんわ。
>このkahimiさんのフライヤーって
>「i am a kitten」が入っている
>アルバムのでしたと思うのですが、違いました?
>どの曲が収録されていたか忘れてしまいましたが
>購入した記憶があります。

正解です。マキシングル「i am a kitten」。
「Nikon2」、「The Poisners」・・。最高。
確か、「My First Karie」と同時リリースだった気が。
あいも変わらず、美貌のウイスパーボイスに
ヤラレちゃいます。

>何故か部屋にサトシ・トミイエさんのCDに
>ついてきたと思われる
>安っぽいレコード入れるカバンもあります。

欲しいw サトシ・トミイエかー。
NY帰りのハウスミュージッククリエイター枠で
テイトウワに大きく、被られたなあ。。
  • 3amop@「御名答」
  • 2007/12/09 1:55 AM
BUCK-TICKカラオケ裏山。ファン友達は今は京都;_;

太陽ニ殺サレタに「T・A・I・Y・O・you!タイヨウ!」とかYMCA方式で掛け声入れたりとかしたい…(youの部分は好きなアイツを指差せ)。ほっぺには「B-T」って落書きするんだよー。

なんだかJ-POPやJ-ROCKが嫌いなわけじゃないけど、今カッコイイと思えるのが90年代から活躍してたような人ばかりで。恵まれた時期に音楽を聴いていたんだろうか?

趣味=音楽鑑賞の若者に今何がカッコイイ?とか聞くとアクアタイムズとかガーネットクロウとか、ファンモン最高!とか返事が返ってくるのだけども正直「アニソンなら許す」って感じにおも(ファンの人ゴメン)。

※で、オタクな若者はスマパンとかレディオヘッドとか聴いてる。で、マッドカプセルマーケッツの「PARK」貸してあげたら喜んでた(微笑ましい。

「軸」を座標に広がる先に迷っています。

昔は…とか思ってしまう。NHKだってソフバのモリケンのいかがわしいポールダンスとかPOP JAMで普通に流してたのに…今はDJ OZMAの裸スーツごときでギャー。時代がーorz
  • bnfm@おセンチ
  • 2007/12/09 9:53 AM
渋谷系、で思い出したのは
椎名林檎さんの「新宿系」でしたwww

彼女がデビュー当時、
「何系って言われたいの?」
ってインタビュアーに聞かれたとき
適当に答えたのが「新宿系」らしいですww

それはそれでカッコイイ生き様のような気もしてて、
誰かに対する憧れをオトからも強く感じるのだなと
思ってたりも。
  • ARON
  • 2007/12/09 10:28 AM
>bnfm@おセンチさん

>BUCK-TICKカラオケ裏山。ファン友達は今は京都;_;

「Baby,I Want You」、「Jupiter」、
「・・In Heaven」・・。
「うおー!!キター!!」という三十路前後の
野郎共の叫びがこだましてましたw。
やっぱBUCK-TICK、カコイイ。
ニコ動で見ることができるVo.の桜井は、半端なく美しい。
悪魔に魂でも売ったのか?というくらい。
中谷美紀と並ぶ美の造形です。
特に「2002 CLIMAX Tour」の映像は凄まじい美貌です。
さすが、コアなファンの間に
「魔王」と呼ばれるだけのことはあります。
久方振りに、同性の容貌に強烈な嫉妬を覚えた。

BUCK-TICK ICONOCLASM (TOUR2002 WARP DAYS)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm751168

BUCK-TICK Baby,I want you. (TOUR2002 WARP DAYS)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm737442

BUCK-TICK 疾風のブレードランナー&21st Cherry Boy (TOUR2002 WARP DAYS)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm748699

http://www.nicovideo.jp/search/BUCK-TICK+2002で、
検索かければ出ますよ。

>太陽ニ殺サレタに
>「T・A・I・Y・O・you!タイヨウ!」とか
>YMCA方式で掛け声入れたりとかしたい…(youの
>部分は好きなアイツを指差せ)。
>ほっぺには「B-T」って落書きするんだよー。

そこまでやるかw

>なんだかJ-POPやJ-ROCKが嫌いなわけじゃないけど、
>今カッコイイと思えるのが
>90年代から活躍してたような人ばかりで。
>恵まれた時期に音楽を聴いていたんだろうか?

まあ、多感な時期に感受したモノが、
やっぱり「軸」になるのは否めませんね。
ただ、「90年代」は今思うに、
(オリコン系とか内輪会系小室組はf*ckだったけど、)
それ以外の音楽は、良くも悪くも
爛熟してたような気がします。
渋谷系、テクノ、ジャパニーズヒップホップの台頭、
一部ディーバ系(UA、COCCOなど)etc・・。
「恵まれた時期」といえばそうかも。

>趣味=音楽鑑賞の若者に今何がカッコイイ?とか聞くと
>アクアタイムズとかガーネットクロウとか、
>ファンモン最高!とか

一個も知らないorz。。。

>※で、オタクな若者はスマパンとか
>レディオヘッドとか聴いてる。
>で、マッドカプセルマーケッツの「PARK」
>貸してあげたら喜んでた(微笑ましい。

レディオヘッドは「OKコンピューター」あたりは
聴いてたな。結構好きです。
かの村上春樹も愛聴しているそうです。

>「軸」を座標に広がる先に迷っています。

まあ、気長にアンテナ立ててると飛び込んできますよ。
ショップの視聴コーナーで、発見したり。
「音速ライン」や「空気公団」はバンド名で、
食指が動いたし。
そういえば、昔はJAZZなんてなにがいいのか
さっぱりだったけど
今は、一人でバーで飲んでるときに聴くとトバされて、
いいです。
やっぱり、ナイト・ミュージックなんだなあ。
そんな思いがけない契機もありますよ。

>昔は…とか思ってしまう。NHKだってソフバのモリケンの
>いかがわしいポールダンスとかPOP JAMで
>普通に流してた
>のに…今はDJ OZMAの裸スーツごときでギャー。時代がーorz

ソフバのモリケン!!!懐かしいー。
まさに軟体動物のようなクネクネダンス。
エキプロなるプロレスゲームがあるようなのですが
プレイヤーが勝手にキャラとかを作れる機能があるようで
「ヴィジュアル系」ミュージシャン達が
入場&リングバトルを勝手に作った馬鹿動画シリーズが
あります。これが爆笑モノ。

【BUCK-TICK・LUCY】夏フェス!!今井寿vs藤井麻輝【SOFT BALLET・エキプロ】
(3;19あたりからモリケン様、クネクネと登場)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm675411

この人の作るエキプロ・ヴィジュアル系動画は、
センスが渋いし腹筋壊れる。
http://www.nicovideo.jp/mylist/1927524/3455980
是非是非ご覧あれ。
  • 3amop@とまらないセンチメンタリズム。
  • 2007/12/10 9:57 AM
>ARONさん

>渋谷系、で思い出したのは
>椎名林檎さんの「新宿系」でしたwww

>彼女がデビュー当時、
>「何系って言われたいの?」
>ってインタビュアーに聞かれたとき
>適当に答えたのが「新宿系」らしいですww

確か、正確には「新宿系自作自演屋」だった気が・・。
そっか。適当に答えたんだw
なんか、妙に鳥肌実のキャラとカブるキャッチだなあ。
「歌舞伎町の女王」でどっぷりハマりました。
以来、ファンです。
東京事変でも、歌詞に「新宿の伊勢丹」とかあったし
健在ですね。
  • 3amop@「俺、何系だろう?」
  • 2007/12/10 9:59 AM
超見たいw

フジマキvsまいまいラブス。シャフトコンビですね。これまた懐かしい…。
レリッビー♪レリッビー♪とかカラオケでクネクネしながら歌っても誰もソフバを知らなかった苦い思い出orz
  • bnfm
  • 2007/12/10 7:25 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック