calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

免許更新・「お巡りさん日和」。

例え、諸事情で愛車のSR400「ぶんぶん丸」(BNFMさんの命名を暫定採用。まだまだ募集中)にしばらく乗れなくても。


泣こうが喚こうが、やってくる運転免許証の更新。
酷暑の昼下がり、都内の運転免許試験場へ自転車を漕いで嫌々向う。

ここにくるのも約二年ぶりか。
悪いが何の感慨もない。
さすが平日。
試験場は20代前半を上限とする若者大多数と、
「時間サバ読んで、外回りの途中で免許を更新しまてま〜す。」な
少数の中高年により構成されていて、やや居心地が悪い。
太陽が眩しすぎる。
窓口の指示に羊のように従順に従い、
視力を測定し、印紙を貼ってもらい、手数料4千数百円を一緒に払う。

「じゃあ、×番窓口に行ってください。」
「次は、2Fの×番窓口ね。」
「はい、×番窓口へ行って。」

これが「たらい回し」って奴か?
しかし。こんなにめんどくさかったのか。免許の更新って。

そして免許証用の写真撮影を担当する窓口。

「メガネが反射してさー、撮れないから。外して。」

・・・せめて丁寧語で、言ってよ、ママン。

免許更新用の全ての事務を片付けた後に、
30分以上待たされてようやく講習。
違反・初回の更新なので、2時間を要する。
若者が多かったので、学級崩壊状態になるのではと
勝手にゲンナリしたが、
さすがにこの講習はいつぞやのようにはならなかった。

現れた女性講師は、異常に流暢なのだが(そりゃ延々同じこと話せばそうもなる)
母音が曖昧で、何を言ってるのかを把握するに随分苦労した。
しかしさすがというか、最近の道交法絡みのトピックはなかなか新鮮。
配布された小冊子にもちゃんと書いてた。

(例)
・違法駐車の取締りの強化
・自動二輪の二人乗り規制の見直し(要件を満たすと高速でも二人乗りok)
・飲酒検知拒否に対する罰則の強化
・走行中の携帯電話の使用等に対する罰則の強化(携帯の画面の注視も含む。)
・集団暴走行為等に対する罰則の強化

小冊子に登場するキャラクターは「ちびまるこちゃん」。
さすが「平成のサザエさん」。
何て無害で生ぬるいコラボレーション。
「集団暴走行為等に対する罰則の強化」の項では
まる子のおじいちゃんが、
「これからはみんな安心してぐっすり眠れるのう」
発言している。
・・まあ「ちびまるこちゃん」の舞台は静岡県清水市らしいし、
珍走団(暴走族)はもしかしたらまだいるかもな・・。

しかし、「アルコールの影響」のコラムでは
主人公・まる子が、「これも大切なお話だよ」とのたまう。
・・おめー小学生だろ。。。


「工事用安全帽は乗車用ヘルメットではありません。」

。。。。いつの時代の誰を想定した文章なんだ。。


10分の休憩を挟んで、後半一時間の講義へ。
今考えると、これだけを伝えたくて二時間拘束したのかと
思えるほどのヘヴィなコンテンツが待っていた。
約30分強のドラマ。
テーマは”飲酒運転の悲劇”。

 (嫌すぎる粗筋の紹介)
 ごく平凡なサラリーマン。
 大きな案件が受注にこぎつけ、
 前祝いに、部下と飲みに行く。
 ほんの少しのつもりがついつい飲みすぎ、時間は深夜に。
 もう自宅の最寄りまでのバスは、終わり、
 駅前にはタクシーを待つ行列。
 ”明日は、朝一でお客様のところに行かなければ”。
 彼は、タクシーを待つ行列から離れ、
 近所に停めてあった自家用車に乗り、
 家路を急いだ。
 そしてそれは致命的な結果を招く。
 夜の視界の悪い交差点で
 人をひいてしまったのだ。
 駆けつける警察官が、酒気帯びの状態を確認し、
 彼は業務上過失致傷で現行犯逮捕される。
 そして、取調べ中に被害者は亡くなった事を告げられる。
 呆然とする彼。容疑は業務上過失致死に切り替わる。

 留置所から出ることのできない彼に代わって
 彼の妻は、被害者の通夜に赴き謝罪する。
 被害者の家族からの痛罵。土下座。
 持参した花束は、玄関に叩きつけられる。

 しかし本当の地獄はここからだった。
 夫は懲役一年の実刑判決を受け、交通刑務所へ。
 彼の子供は「人殺しの子」と学校でいじめられ、
 妻は民事訴訟で背負った莫大な賠償金を苦に、自殺を図る。
 踏み切りに佇む彼女を間一髪で子供が止めたが
 賠償金の支払い義務は消えない。
 持ち家を売り払いアパートに引越し、
 子供も新聞配達などのバイトで懸命に家庭を支える。
 しかし、「償い」は続く。何年も何十年も。。。。

。。。書いてて欝になった。
これからも飲酒運転だけは絶対しないと、誓わしめるに充分の内容。
出演する役者も演技力が高く、とても官製ビデオとは思えない。
しかも、主題歌はさだまさしの「償い」
トラウマになる。
(さだまさしの声自体が、欝になる。)
日が暮れかかる時間帯に、こんなの観させられるとは。。。

ものすごく沈んだ気分のまま、講習は終了し、
やっとのことで更新された免許証を受け取る。


自転車で家路を急ぐ途中の信号。
お巡りさん3名がいた。

お巡りさんトリオ:「は〜い。すいません。ちょっと止まって〜。」

嗚呼。なんて警察日和なんだろう。今日は。
内心、おなか一杯になりながら止まる。
お定まりの自転車防犯登録の照会。

お巡りさんトリオ:「これからどちらに向われます?」
3amop:      「あ。自宅です。免許更新の帰りで。。」
お巡りさんトリオ:「すいません、ちょっと見せていただけますか?」
3amop:      「?。はあ。どうぞ。」

更新前、更新後の免許証を渡す。

●更新前の免許証(個人情報に関する項目は加工しています)




●更新後の免許証(個人情報に関する項目は加工しています)


*ちなみに、今回の免許証には「本籍」は表面に印刷されず
 ICカード内に記憶されているらしい。

更新前の免許証を見て警官の一人が言う。

お巡りさんトリオ:「いや〜、髪の毛茶色だったんですね。前は。」
3amop:      「はい。。まあ。。」
お巡りさんトリオ:「昔はヤンキーだったとか?(笑)」

orz。

茶髪でちょっと目つき悪かったら、「ヤンキー」(涙)。
見込み捜査じゃん。。

注:「ヤンキー」フォルダは80〜90年代初頭に
多感な時期を迎えた男性の、Cドライブの直下にまれに存在。
主に「湘南爆走族」、「BE BOP HIGH SCHOOL」等の漫画や、
地元の「ヤヴァい」先輩などの各種ウイルスによって感染・生成される。
周囲を威嚇するような学生服や、特攻服と言われる民族衣装、奇抜な髪型、
空気力学的に不合理なパーツで改造したバイク・四輪車を
属性として持つ。まれに「ヤ●ザ」フォルダにリネームされる。
この場合、ユーザーサポートを受けることができない。
属性は変わるが、派生した亜種も多い。
威圧的なビッグスクーター族などもこれに当てはまる。
近年は、東京中心部ではフォルダ自体が存在しない
かのように見なされるが、ごくたまに安居酒屋などで
「俺も昔はワルくてさー(略)」などの音声出力などにより、
フォルダの存在が確認される。しかしこの場合、実際の動作確認は
検証が困難である。取扱説明書によると
20歳までに当該フォルダを削除することが推奨され、
半ば義務化されていたが、それ以降も当該フォルダを
持つと、「旧車会」等を属性とする。
フォルダ内の主な内容は、「タイマン.exe」、「ガン飛ばし.exe」
「難読漢字辞書ファイル」、「威嚇音声.mp3」(例:『お前、どこ中?』)、
「上下関係.xls」等で構成される。
なお、エンターテイメント性を重視したパッケージソフトとして
東芝EMIからリリースされた「気志團」がある。

   

3amop: 「・・・。いやー、そんな、全然違いますよ。。」
お巡りさんトリオ:「今の方が全然お若いですねえ。学生さんですか?

orz。orz。

フォローになってないしねえ。。

同意のもと、持ち物も検査される。
何でもそのお巡りさん達曰く、この界隈で窃盗が多発してるため
捜査しているとのこと。
どこの世界に黒のタングトップで、i-pod聴きながら
夕方、自転車で咥え煙草でチンタラ移動している
無防備な泥棒がいるのかと、小一時間問い詰めたくなるが
もう三十路だし。逆らっても面倒になるだけだし。
国家権力だし。

「Porter」のウェストバッグからポケットの中まで
持ち物を一個ずつ出していく。
こういうときに限って、所持品が

死に至る病 (岩波文庫)
死に至る病 (岩波文庫)
キェルケゴール

という、微妙な気まずさ。
(正直、何言ってるかがこんなにも分からない本は久々だ。)

Porter」のウェストバッグを、「ちょっと貸して頂けますか?」とお巡りさんが言う。
財布の中まで検査されているので、もう逆らう気力もなくバッグを渡す。

いきなり、お巡りさんの一人が僕に尋ねる。

お巡りさんトリオ:「そのジーパン、どこのすか?」
3amop:      「え?あ。”DENIM”です。」
お巡りさんトリオ:「(納得したように)あー。なるほど。」

やや年長のお巡りさんがその会話を聞いて、訝しげに僕らを見る。

3amop:      「ジーンズお好きなんですか?」
お巡りさんトリオ:「いや。。同世代すから・・。」

同世代???!!
そのお巡りさんは、絶対自分より年下だと思ってた僕は
内心驚愕する。
でも、この世代の野郎の一部はやっぱり、
ヴィンテージジーンズが好きで、デニムの色落ちとかが
気になるんだなあと、妙に納得する。

ふと、「Porter」のウェストバッグを検査する、
お巡りさんトリオの一人に目をやる。
あろうことか、バッグの中のポケットにまで検査の手を伸ばす。
そこまでやるか・・。
あれ?なんかそこ、そう言えば入れっぱなしのモノなかったっけ?

気が付いた時にはもう遅かった。
そこには、Beneton謹製の恥ずかしいゴム製品が。
思わず、手で隠す。
それを見て国家権力は言う。

お巡りさんトリオ:「いや。。僕も持ってますから。」

「今か?!今、持ってるのか?!!」
と、突っ込みたくなるが我慢する。

「ご協力ありがとうございました。」

様々な恥辱の職務質問に耐えた末にやっと解放され、
色んな意味で、ヘコみながら家路へ。


PS・・僕が解放された直後に、
    すれ違い様にお巡りさんが呼び止めた奴は
    スキンヘッドにピアス、ショーツ、喧嘩強そうな
    ティーンエイジャーでした。
    ・・俺、そいつよりは第一印象は良いと思うんだけどなあ。。




スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 22:35
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/08/28 1:22 AM
3amopさんの運転免許教習のブログをみました。

僕はつい最近、教習を始めた19歳です。教官からの注意が怖くていつもビクビクしてました。適性診断では、神経質なところが要注意になっていました。
でも3amopさんが頑張って教習を受けていたことに勇気をもらいました。

これからも3amopさんのブログみます!
ブログの内容とコメントが合っていなくてすいません。
  • 三郎
  • 2007/08/28 2:22 PM
随所で吹き出しかけました(笑)
確に今の方がなんとなく若々しい感じはすると思いますよ。
免許講習会での償いは私が以前から「ながなが講習会するくらいなら償いエンドレスにしてしまえばいい。むしろ全員で合唱すれば。」と思っていたので採用されていたとは驚きです。
では、思いだし笑いを残しつつ仕事に戻りたいと思います。
  • 2007/08/29 12:45 PM
>三郎さん

お返事遅くなりました。3amopと申します。

>僕はつい最近、教習を始めた19歳です。教官からの注意が>怖くていつもビクビクしてました。

いやあ。。ぶっちゃげ怖いですよねえ。教官は。。。
僕の時は、幸いにも厳しいけど
親身な教官にあたることが割と多かったので
助かりましたが。
三郎さんには、
何とか若さで乗り切っていただきたいです。w
歳を食えば食うほど、怒られる機会が無くなるが故に
無駄にヘコみますので。。


>適性診断では、神経質な
>ところが要注意になっていました。

いやいや、大事な素質だと思います。
三郎さんの受講コースは、普通免許なのかバイクなのかは
分かりませんが、見方を変えれば
「走る凶器」ですので。
自分にとっても、他人にとっても。

>でも3amopさんが頑張って教習を受けていたことに勇気を>もらいました。

あんなヘタれ日記が、人様のお役に立つとはw。
恐縮です。

>これからも3amopさんのブログみます!

ありがとうございます。駄文ですが
今後ともコメントなど頂ければ幸いです。


>羊さん
こんばんわ。お返事遅くなりました。

>随所で吹き出しかけました(笑)

まあ、僕も状況を客観視すると
笑うしかない状況でしたね。w


>確に今の方がなんとなく若々しい感じはすると思います
>よ。

う〜ん。そうなのか。。
髪型ぐらいしか違いは無いような気がしますが。
まあ普段の格好が、年齢不相応なのも原因なのかもなあ。
所用の際によく近所の大学の前を自転車で通るのですが
2週連続で、アンケートのお姉さまに
「学生さんですか〜?」などと聞かれるし。
喜ぶべきか、悲しむべきか。。

>免許講習会での償いは私が以前から「ながなが講習会する>くらいなら償いエンドレスにしてしまえばいい。むしろ全>員で合唱すれば。」と思っていたので採用されていたとは>驚きです。

ごもっともです。「償い」合唱というアイデアは
なかなかいいかもw。
むしろ、飲酒運転経験者をTOKYOドームとかに集めて
チケット代10000円ぐらい取って、
さだまさしのLIVEに強制参加もいいかもな。
もちろん、演目はおろかアンコールも「償い」でw。

しかし、何故さだまさしは
聴いたらあんなにもヘコむのか。。
なんか昔TVでやってた、年末恒例・日本人的悲壮の美が
満載な歴史ドラマ群を思い出す。。
「白虎隊」、「五稜郭」、「田原坂」etc・・・。
もちろん大抵、主題歌はさだタソだったし。

例:
『防人の詩』

>おしえてください  
>この世に生きとし生けるものの  
>すべての生命に限りがあるのならば  
>海は死にますか 山は死にますか  
>風はどうですか 空もそうですか  
>おしえてください  

。。。聴いてるこっちが死にそうだ。

http://oya.web.infoseek.co.jp/sakimorinouta.htm


>では、思いだし笑いを残しつつ仕事に戻りたいと思います

>| 羊 | 2007/08/29 12:45 PM |

↑思いっきり、昼休みですなww
職場で、こんなブログ閲覧してるのはよろしくないかとw

お仕事へのご復帰、おめでとうございます。
なかなか焦るものがあります。
  • 3amop@「SUPERペーパードライバー」
  • 2007/08/29 8:49 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2007/09/06 12:01 AM
>しこうくん

>日記で微笑み、コメント欄でドン引き
俺もドン引き。。
  • 3amop
  • 2007/09/08 12:21 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック