calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

駄目クリスチャン地獄変。

日曜日は久々に教会に行った。(注:3amopはいんちきクリスチャンです。)


友人にして巨漢(体重110kg・身長189cm 推定)、そして牧師志望のK.Rが
「証し」をするからだ。
「証し」って何?
僕も未だによくその定義が分からないのだが
要するに「私は最近いかにカミサマとやらの存在を感じたか」を
集った人間の前で披露するイベントらしい。
一応はクリスチャンの癖に、
「カミサマがいるんだったら、この矛盾つゆだくのセカイは何なんだ?」などと
小一時間問い詰めたい、あいも変わらず罰当りかつ青臭い僕。
ただ同年齢の人間が、「カミサマとやら」をどう考えているかは興味深い。
だから、今にも降りそうな雨に怯えながら、自転車で教会に向かった。

着いたのはちょうど始まる寸前だった。
とても宗教イベントに出席するには
ふさわしいとは言えないカジュアルな格好で最前列に座り、
緊張で、((;゚Д゚)ガクガクブルブル 状態のK.Rに
はなむけとしてメンチを切る。
彼は明らかに
「うわ。×××(3amop本名)のバカ、よりによって最前列かよっ 涙」
という微笑ましい顔をしていた。
視界に収まらないほどでかい癖して、K.Rはかなりの緊張屋。
お前、牧師になったら毎週人前で話すんだぞ。
苦笑しながら、彼の出番を待つ。

今日のイベントは20代の若者がメインで仕切っているせいか
何と言うか熱い。偽善も衒いもない純粋な情熱。
正直、眩しい。そして無償(当然だけど)で
こういうイベントをオーガナイズし
人に何かを伝えようとする行為それ自体は
確かに胸を打つものがある。
しかし、それと、僕が「カミサマとやら」を手放しで肯定することは
イコールじゃない。とてもとても残念なことだけど。。

ついにK.Rの出番だ。
彼らしく、とにかく謙遜しながら
自らの体験を話す。
(しかしちょっと「謙遜タイム」が長い。メインの話より長い)
「カミサマとやら」をまさにリアルに感じたらしい。
キリスト教的言語でしか話せない、
鉄板クリスチャン(好意は感じつつも僕があいまいに忌避する)に
言わせれば「霊的体験」って奴だ。
しかしこれだけ安っぽくてうさんくさい、
素人さんドン引きの言葉も珍しいよなあ。
K.Rの体験を卑小化する気はホントにさらさらないけれど。

「カミサマとやら」をまさにリアルに感じること。
その体験は貴重だし、ひねくれ者の僕からすれば
うらやましい。
しかし「霊的体験」で、思考停止すれば
それってオウムとどう違うんだ?

僕には今読みかけの本がある。
今年の2月に惜しくも、本当に惜しくも
たった47歳の若さで亡くなってしまった
明晰で、なんとも言えない感動的な読後感を残す哲学者、池田晶子と、
死刑囚睦田真志の往復書簡集、



だ。
帯にあるように、本当にスリリングで息詰まる言葉(ロゴス)の劇(ドラマ)。
あまりの切迫感のため、なかなか読み切れない。

 「全ての宗教は分かるはずのない『死』の恐怖を利用したサギだ」
 「私のわかる事は私のわかる事だけだ。私はわかるのは私だけだ」

死刑囚睦田真志はそう獄中で看破し、僕はそれに全く反論できなかった。
K.Rの証しの間、ぼんやりとそれを思い出す。
そして、なかなか返信できないK.Kからの真心に満ちたメール。

何とか無事にK.Rの証しも終わり、皆で久々に食事でもという話になる。
メンツはK.Rと僕。幼稚園で働くM.R。白血病に打ち勝ち新婚ホヤホヤのT.S夫妻
あとは20代後半の若者が6人くらいかな。
寸断なくハイテンションな声で話題が飛び交う。
正直ついてけない自分は、老いたなあと思ったが
負けずに酒飲んで、参戦。
時間がたつにつれどんどん「20代後半のクリスチャン」とは
思えないような、お下品かつお馬鹿な話題にシフトする。(偏差値で言うと30位)
僕の過去の酔った上でのご乱行が、
 
 例:
 .弌爾離僉璽ッションの生演奏に合わせて、
 「キちゃった」奇声を上げてウェーブしてた。
 工事現場の三ry
 (あとはホントに書けません)

もう持ちネタのごとくさらされ、
「リビング・レジェンド」、「廃人」、「キング・オブ・キング」の
異名をほしいままにする、歩く下ネタことN.M氏の悪行に
新しい一ページが(マジでホントに書けません)
彼女のM.Rの前で爆笑の渦の中追加され、
M.Rは即身仏のような顔をし、
「トイレで小用を済ましたあと手を洗うか否か」の
”まず人としてどうなんだ”的会話が男女交えて激論となる。
T.S夫妻は洗わないと断言し、絶句。

「洗わないよね?ねー(ハアトン)」
とかほざきながらお互いのほっぺたをムニュムニュし合う
斜め上にラブラブなT.S夫妻。(この時点で「バカ夫婦」フォルダに入れた)
「俺の結婚式での涙を返せっ!!」と僕は叫び
夜は更けていった。
合掌。




スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 10:14
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
オレもクリスチャンくずれだけどよ。。。あんた、聖書読んだことあるかい?
  • あぱっち
  • 2007/04/26 2:25 AM
>あぱっちさん

おはようございます。はじめまして。

>あんた、聖書読んだことあるかい?

「いんちきクリスチャン」と自称しているように
通読などはしてないし、都合の良いところを拾い読みしているか都合の悪いとこを他の書物からの指摘を呼んで
勝手に納得したりの程度です。
「通読」するスタミナも気力も相変わらずありません。
(それが駄目だと言われたら沈黙するしかありませんが)

多少なりとも良いな、or共感できた「フレーズ」
(あえて”聖句”とは言いません)は
以下の通り。自己に都合にのよいところを拾い読みしているだけ、単なる人生訓を追い求めてるだけのレベルです。
悪しからず。

「求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる。門をたたきなさい。そうすれば開かれる」(マタイ7−7)

「しかしあなた方の中の間ではそうあってはならない。
 あたなたがたの中で偉くなりたい者は皆に仕える者になり いちばん上にになりたいものは皆の僕となりなさい」
(マタイ20−26)

「成功する人は忍耐する人」(箴言19−8)

「確かに未来はある。あなたの希望が絶たれることはない」
(箴言23−18)

「痛手に先立つのは驕り、つまずきに先立つのは高慢な霊」
(箴言16−18)

「順境には楽しめ、逆境にはこう考えよ。人が未来について 無知であるようにと神はこの両者をあわせ造られたと」
(コヘレト7−14)

「主よ奮い立ってください。なぜ眠っておられるのか永久に 我らを突き放しておくこと目覚めてください。我らが貧し く虐げられていることを忘れてしまったのですか。我らの 魂は地に伏し腹は地に着いたままです。立ち上がって我ら をお助けください。我らを贖い、貴方の慈しみを表してく ださい」
(詩篇44−24)

etc・・・


以下は聖書を含む「キリスト教」への違和感です。
まず死刑囚睦田真志からの問いかけで気になった箇所を。

「一度、神の道に入って、そこから離れるのは、もっと悪  い」など、脅しとしか思えない事も書いてあり、(3amop 注:その箇所をご存知ですか?)『考えてはいけない。  そんな矛盾を考えるのは自分の中にまだ悪い心があるか  らだ』とひたすら聖書を信じようとしました」(今考えれ ば、全ての宗教は本質的には、オウムと同じです)」

・・乏しい知識を基に印象として考えれば、近代以降、自分の頭で考え判断することが尊ばれたのが、現代社会であり、思考から逃れることは不可能なことに思えます。特に現在は「自己責任」の名の下、それが強迫観念のように不可欠なこととされているようにしか思えません。
コノセカイで生きてる以上、いや自我を意識し始めたその瞬間から「自分の頭で考えること」は必然である気がします。
勿論その対象は宗教も入るかと。
自分で考えなかったからこそ、オウムの信者は言われるがまま様々な犯罪に手を染めたのではないでしょうか?


(他の要約)

*キリスト教の前提

「偶像礼拝の禁止」
「人間の平等性」
「イエス以外のにせ預言者への警戒」

*それに対する違和感

→「十字架や磔像への礼拝が存在するが矛盾しないか?」
 「信者と異教徒との区別が存在するが矛盾しないか?」
 「『黙示録』やイエス本人ではなく弟子が書いた
  聖書自体が存在するが矛盾しないか?」


3amopが次に前々から抱いていた違和感

「生まれ出でてその場で死んでしまう生命(例:他人のエゴ によって内臓を売買されるケースすらある)もこの世に存 在するのに一体神は何の意図があって、その生命を現出さ せたのか」
(参考)http://kanzokutero.blogspot.com/

「人々の苦しみを救済するために神がいるなら、この僕と他 者の苦しみは何故存在するのか」

 「仮に上記の苦しみが死後救われるとしても、何故『天国 に行くのはらくだが針の穴を通るのよりも難しい』のか」

 「アダムとイブの誕生と『人間はサルから進化した』とい うか科学的事実との整合性は?」

まだ、あるはずですが、キリがないのでこの辺で。

あぱっちさん。上記に挙げた稚拙なものを含む問題意識は、個人的に切実なものです。もしあなたが「聖書読んだことある」のなら是非教えてください。
本当にお願いします。
  • 3amop@「キリスト教を含む宗教一般への青臭い疑問」
  • 2007/04/26 6:03 AM
つ【機動戦士ガンダム MS IGLOO-“黙示録”0079-】オールCG、全三巻
「あえて言おう!!」(ギレン) 違った。あえて奇をてらおう。
追加(´・ω・)つ【機動戦士ガンダム MS IGL00】全三巻
ハルマゲドン来ないかな〜( ´ー`)y-~~~
  • 晴天なのにヒキな‐drz‐もう、何処へ行っても混んでいるんだろうな
  • 2007/04/30 1:39 PM
>drz

お久しぶり。

>ハルマゲドン来ないかな〜( ´ー`)y-~~~

あれは来ないねえ。残念ながら。
僕も99年くらいまでは待ってみたんだけど
こないみたい。
  • 3amop@「黄金週間」
  • 2007/05/01 12:43 AM
はじめまして、3amop@さん。
風歌っていう者です。
うんと、ちょっと言葉が幼くなったりするけど許してね。
私、検索したらあなたを見つけたのです。
読んでいて、お知り合いになりたいな、と思いました。
私は、うつ病で一度本気で死のうと思って自殺して、
だけど今生きているような、そんな者です。
そして、クリスチャンでもあります。教会には行ってません。
私のブログはめちゃくちゃですが、もしよかったら遊びに来てね。お会いできて嬉しかったので。
see you♪
立て続けにごめんなさい。
3amop@さんのことを思いながら、少しお祈りしていました。
全く意味不明ですが、もし気に障らなければ読んでください。むずかしいことは分かりませんが、平安がありますようにお祈りしています。


「わたしは誠実をもってあなたを愛した。
わたしは世の終わりまであなたとともにいる」

「わが子よ。気落ちしてはならない。わたしがあなたの心を探り、あなたを知り尽くす神であるからだ。永遠の愛をもってあなたを愛している」

「『生きよ』わたしがそう言うので、あなたは生きた。死の谷底に埋まる朽ちた骨骨が再びくっつき、それは立ち上がり、見よ、新しく生きた」

「わたしはあなたを憐れむ。永遠の憐れみをもって、あなたを愛す。それはあなたを照らし、見よ、真昼のようになった」

私にはむずかしいことは、分かりません。
ただ、私の内におられるキリストが、あなたのことを愛しているのを感じています。お祈りしています。

風歌





こっちは、ホームページぽいもののURLをのせておきます。
風歌さん。初めまして。お返事遅くなって申し訳ない。
3amopと申します。

風歌さんのblog(Topページだけですが)拝見しました。

>職なし、鬱もち、借金あり、と夫婦そろってトンデモナイ有様だけど、
>それでも私たちは「生きている」。感謝だ。

僭越ながら自分も似たような境遇であり
(伴侶がいらっしゃるのは大変うらやましい限りですが。。)
「トンデモナイ有様」に関してはいささかの想像力をもって
お察し申し上げます。

しかし、
>それでも私たちは「生きている」。感謝だ。

という心境には残念ながらとても至れません。
ただ、会社を辞してはや三ヶ月。
親元の庇護の下でダラダラと生を消費している日々です。
色々と煮詰まっており、大事な友人からのメールにも返信できない有様です。
ただ生きているだけであり、そこに「生かされている」(byカミサマ?)感慨はありません。

>(上文略)
>「わたしはあなたを憐れむ。永遠の憐れみをもって、あなたを愛す。
>それはあなたを照らし、見よ、真昼のようになった」

他力本願なのは重々承知ですが、「愛す」だけで
現実解はそこに存在しません。

「果たして宗教は何らかの(僕の今の状況の打開に)寄与するのでしょうか?


青臭い吐露を失礼しました。
あと、祈ってくださったことに感謝します。
コメントくださった聖句の箇所など参考までにお教え頂ければ
幸いです。

末尾とはなりますが今後とも、宜しくお願いします。

  • 3amop@「返信遅くなりました」
  • 2007/05/27 2:38 AM
おはようございます。コメントのお返事、ご丁寧にありがとうございました。


>しかし、
>>それでも私たちは「生きている」。感謝だ。

>という心境には残念ながらとても至れません。
>ただ、会社を辞してはや三ヶ月。
>親元の庇護の下でダラダラと生を消費している日々です。
>色々と煮詰まっており、大事な友人からのメールにも返信>できない有様です。
>ただ生きているだけであり、そこに「生かされている」(byカミサマ?)感慨はありません。

これを読みながら、ああ、お気持ちを察しますと想いました。
それも、私もそうでしたからです。
友人からのメール、電話、それどころか親からのメールにも返事も出来ず、ネット上の人とも交わりを持つこともできず、本当に何も出来ない日々が続きました。
ただ、返信をしなきゃしなきゃ・・という思いばかりが募り、だけれど体は言うことを聞いてくれない。
それが本当に苦しくて仕方ありませんでした。
心配してくださってる方々にも、何も言うことが出来ず、四方八方行き詰っているような心持ちでした。

旦那さまは鬱を患い4年ほど、休職を1年半、そしてその後クビになり、そうして私は家に閉じこもるようになりました。
新たに決まったお仕事も、1ヶ月で苦しみのあまり行くことが出来なくなりました。

借金で押しつぶされそうになり、明日はホームレスだろうか?明日は自殺だろうか?
そんなとき、私はとうとう耐えられなくなってしまって「死」を決断してしまいました。
もう、神様への罪悪感とか、死への恐怖とか、そんなものよりも、「死ねることの喜び」、「楽になることの喜び」がはるかに勝ったのです。
生きていることに感謝するどころか、それを呪い、私は自殺を図りました。

それからです、私が今、生きることに感謝できるようになったのは。

それは、私が自分の人生に結末をつけたからでした。
自分の人生は、もうやめようと本気で思い、そうしたのに、
私は命を生きながらえました。

その時、私は思いました。

ああ、私は死のうと思って死んだのだ。
だけど、今、生きている。

この今ある命は私のものではない、主の命が、私のうちで生きているのだ。

そう思ったのです。

だから、今感謝できます。でも、私が感謝しているのではなく、私のうちで生きておられるキリストが、生きることを感謝しているので、感謝できるのです。

長々と申し訳ありません。
聖句についてですが、またお調べしてから、お返事させていただきますね。

どうぞ、主の平安がありますように。
また、3amopさんの内に働かれるキリストの霊が、豊かに働かれますように。

僭越ながら、お祈り申し上げます。

風歌
  • 風歌
  • 2007/05/27 10:41 AM

3amopさん、こんばんは。
度々、お邪魔させていただいて、どうもすみません。

以前、
>コメントくださった聖句の箇所など参考までにお教え頂ければ幸いです。
とおっしゃってくださった、聖句の箇所を見つけたので、よかったら参考にしてくださいませ。
上から、
エレミヤ31:3
詩篇139篇
エゼキエル16:6
エゼキエル37章
イザヤ54:8
です。

遅くなってしまいましたが、気が向いたらご覧下さい。

3amopさんの苦しみ、どうぞ平安があるようにお祈りしています。


  • 風歌
  • 2007/06/04 6:55 PM
> 風歌 さん

3amopです。わざわざご丁寧にありがとうございます。
とても今は聖書なんて分厚いもの開く気は
起きない心境なのが残念です。

>ああ、私は死のうと思って死んだのだ。
>だけど、今、生きている。

>この今ある命は私のものではない、主の命が、私のうちで>生きているのだ。

この境地は、僕には分かりかねます。
不信心極まりないないですが・・・。
  • 3amop@「平安はどこにもなく」
  • 2007/06/05 12:33 AM
わざわざお返事ありがとうございます。
どうも、何度もお手をわずらわせてごめんなさい。
私の書いたことで、もし3amopさんの心を痛ませていたら、と思って再度書き込ませていただきました。
どうぞ許してください。
ただお祈りしています。
  • 風歌
  • 2007/06/08 6:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック