calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「クズビデオ49日」

ネットは広大だわ


 映画「攻殻機動隊」(監督: 押井守)草薙素子の台詞 より。

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊

結構、(その筋では)有名なのかもしれないけれど。
久々に愉快なサイトを発見。

Bazilさんによる「Bazil's Site of "B"」内の
「クズビデオ49日」。
http://www.vega.or.jp/~bazil/junkvideo/junkvideo.htm

もう秀逸なタイトルでお察しの通り、
「クズなビデオ映画」を徹底的にユーモアたっぷりに
こき下ろす悪魔の如きWebサイト。

「クズなビデオ映画」とは?

決してTSUTAYAとかには並ばず
近所のサンダル・ジャージで行くような
「ダムで沈む予定の廃村?」のような過疎感漂う
個人による投げっぱなし全開な経営の
ビデオショップの、決して棚ではなく
『980円均一』と投げやりに書かれた手書きのポップと共に
ワゴンに放置されて、日光による劣化で色あせた
ジャケットも痛々しいVHSテープのこと。
出演者も配給会社も「なかったことにしたい」、
たまにエッセンスのつもりでお色気と奇怪も
混ぜてみましたが、増したのは脱力感だけでした。
そんな映画のこと。
(私見)

例:

ジュラシック・パーク【字幕版】
ジュラシック・パーク【字幕版】
サム・ニール

のドサクサ紛れに勢いだけでリリースされた



とか。(情報&被害報告提供:parfumeeさん)

「映画の歴史は変わらない。チキンパークでは変わらない」
こんな投げやりで的確なキャッチコピーもないだろう。



 巨大なニワトリが闊歩する魔(「謎」?)の島”チキン・パーク”、
 そこはそもそも
 (面倒なので略)
 スピルバーグが、「この映画のなかのチキンは生きている」と
 絶賛したとか?
 (面倒なので略)
 大胆(「味」?)にして的はずれ、(不明)にして無謀な
 パロディの連発に、爆笑のオンパレードだ。
 

死臭が漂うようなボッタクリ感。
人生の120分弱を確実に棒に振ること請け合いのパッケージだ。

Bazil氏は言う。

 映画というものは、金をかければ良いというものではない、
 と、心ある映画ファンは言った。
 この言葉の意味するところは、たった一つ。すなわち、
 「金をかけた映画にだって、つまらないものは沢山ある」
 ただ、これだけである。
 しかし、多くの人は、この言葉の意味を取り違えてしまう。
 特に、映画の製作に携わっている者が読み違えたとき、これは悲劇である。

 (中略)

 本当に良い映画が出来るようなアイデアなら、
 そのアイデアには必ず出資する人が現れる。
 出資者が集まらない時点で、良識ある映画製作者は、本来なら
 そんなアイデアは放擲しなければならないのだ。
 しかし。夢を見ること。それは人間に許された本質的な自由である。
 凡庸なアイデアを、貧しい予算とセンスのないスタッフ、
 素人同然のキャスティングで無理矢理映画に仕立て上げ、
 もしかしたら「○○のスピルバーグ」
 「××のクロサワ」とか呼ばれちゃったりしちゃったりなんかして、
 と妄想するのはその人の自由だ。

 (中略)

 そんな映画が、面白いはずがない。
 常識で考えれば、当然の話である。いや、考える余地すらないだろう。
 だから映画は魔物なのだ。
 
 <TOPより引用>

・・・・・極論だがひとつの意見だ。
金をかけても駄目な映画は確かにある。腐るほど。
ただ低予算で頑張ってる映画も
多分たくさんあるとは思うし
「出資者が集まらない」のは、人脈不足の可能性もあるので
いちがいに僕は否定したくないが。
でもこの方(Bazil氏)は

「Club Blog-Gamo Bazil's Blog of "B"」によると
http://blog.livedoor.jp/badzilla/
>映画秘宝ライターBazilによる映画・ビデオ鑑賞記。新旧・東西問わず、
>B級からZ級まで見どころを紹介。

映画ライターらしいので僕よりは
確実に映画への造詣も深いはずだし
プロゆえの業界への諦念があるのかもしれない。

まずは、『クズビデオ49日』作品別タイトル・インデックスを観て欲しい。
(女性にはふさわしくないものもチラホラあります。悪しからず。)

それはそれは香ばしいタイトルばかり。

「イケメン新選組」
「宇宙人東京に現わる」
「ガス人間第一号」
「座頭市VS空飛ぶギロチン(盲侠血滴子)」
「メタル・アマゾネス(aka 悪魔のちょきちょき・チョッパー娘)」



誰かひとりでも居なかったのだろうか。
タイトルを決める時にとめる人は。

まあとにかく痛快なのが、その豊富な知識と識見を
駆使したユーモアあふれる酷評の語り口だ。

 全編メキシコ語、字幕スーパーなし、という状態で見たので、
 正確なストーリーは不明。が、「こんなもんだろ」というストーリーは以下の通り
(略)
 
 娘は眠るが父は書斎で古文書を紐解き、
 どうやら伝説のヴァンパイヤが復活したらしい
 と知る。この事態を放置すれば、
 罪なきメキシコ国民が、吸血鬼の餌食となってしまう
 だろう。早くこの事態を知らせなければ。でも、誰に?

 警察か・・・違う。

 軍隊か・・・違う。

 エル・サントだ。(注:メキシコの伝説的英雄で覆面レスラー。)



 この非常時にサントは何をやっているのかと言えば・・・
 リングでプロレスをしているのだ。本業だしな。
 サントのタッグマッチが試合開始から終了まで、
 時間にして10分以上展開する。ストーリーとは何の関係もない。
 恐らく映画用ではない本物の試合風景であろう。
 サントの試合が生で見られない人のために、
 用意されたフィルムなのだろうが・・・・・・
 いかんいかん、眠りそうになってしまった。
 
(略)
 
 まあ、そういう大事に博士は自宅で盛大な仮面舞踏会を開く。
 よりにもよって「仮面」だ。
 ヴァンパイヤに「いらっしゃいませ」と言っているようなものだ。
 で・・・来る。当然誰も気づかない。
 またもや娘が催眠術にかかって連れて行かれる。
 そこをたまたまオープンカーで通りかかった我らがサント。
 女ヴァンパイヤは手下をサントに差し向けて、
 自分は娘を連れて飛び去ろうとする・・・・・・が、
 重たいものを持ってるので飛べない。何しに来たんだ、女ヴァンパイヤ。
 吸血鬼たちは再び、這う這うの体で逃げ帰る。
 
(略)
 
 朝が来てしまい
 窓から差し込む陽光に、
 女ヴァンパイヤは「ぎゃっ!」と悲鳴を上げて、
 炎を上げて燃え尽きてしまう。
 縛られた鎖を引き千切ると、サントは何かを理解して、
 松明を手に残りのヴァンパイヤの居室を目指す。そう。

 十字架を見て燃え尽きたヴァンパイヤ

 朝日を浴びて燃え尽きたヴァンパイヤ

 というケース・スタディから、彼は

 ヴァンパイヤは火に弱い

 という結論に達したのだ。何カ違ウ・・・・・・。

 そういうわけで、他のヴァンパイヤの寝込みを襲うサント。
 棺桶の寝床を無理矢理こじ開けて松明の火を突っ込む。
 「ぎゃあぁぁぁぁ!!」と断末魔の声を上げて、
 次々と燃え上がる女ヴァンパイヤ軍団。強いぞ、サント!!

 博士である父と警察が迎えに訪れ、
 娘は無事に引き渡される。オープン・カーに乗り、
 颯爽と去っていくサント。その後ろ姿を見送りなら。

 父「本当に勇気ある人というのは、
 エル・サントのような人のことを言うのだろうな・・・」(メキシコ語)

 いいのか? それで。

 「サント対女ヴァンパイア」より。
もう紹介する作品作品、この調子。
貴重な知識と時間と金を費やし、
Bazil氏は「Z級映画」道を進む。
修羅のような過酷な道。

本人も仰っている。

 玉石混淆の中古ビデオの中から、とりわけ「石」の方を選りすぐって、
 「やあ、この石の形はどこか弘法大師に似ているぞ」というような
 喜び方をするのがクズビデオ道なので、まさに修羅の道、
 血を吐きながら続ける悲しいマラソンである。

 <地獄のニンジャソルジャー<忍者大戦争>>より

このサイトお勧めです。個人的には人格疑われそうで嫌なので
女性及び過激な描写にお嫌いな方には推奨しませんが。





スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 18:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
大いに笑わせて頂きました(笑)本当にたくさんあるんですね、クズビデオって。 本当ですよ、チキンパークはあのTSUTAYAなんです。しかも、本も売ってる、チケットぴあも一緒にある所の(>_<)
観たんでしょうか?あの方は全部‥
私も気付くのが遅かったんで結局何を語ってるのかは謎のままで、ただただ  《エロい》ビデオだったとしか思い出せない。思い出したくもないですけど(泣) そっくりさんを使ってた気もするんですが‥
チキンパークの事は信じてくれない人が多いので、調べて下さって有難うごさいます。
  • parfumee
  • 2007/04/07 10:59 PM
あっ!んんっ?パッケージが少し違う気がする‥
カタカナで、チキンパークじゃなかったのか‥もっと本物と激似だった気が‥
あれで間違えたとすれば、自分で自分を叱らなければ‥イヤイヤ‥何かちがう‥
  • parfumee
  • 2007/04/07 11:45 PM
>parfumeeさん
こんばんわ。
ずっと、『クズビデオ49日』作品別タイトル・インデックスを開きっぱなしです。w
すごい文才がある方ですよ。Bazil氏。
方向が明後日にイッテますがw。

>チキンパークの事は信じてくれない

でしょうねえw。
googleで検索して、約 529 件という認知度。
あのパッケージの画像は
googleのキャッシュから拾ったもので
その(元々あった)webサイトは、なんとyahooオークション。
・・・落札されたのかが気になる・・・。

ちなみに冒頭で挙げた「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」は、素晴らしい作品です。お間違えのないよう。。。
  • 3amop@「もう気分は初七日」
  • 2007/04/08 8:47 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック