calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「容疑者 室井慎次」を観て。

踊る大捜査線の存在をはじめて知ったのは恐らく大学生時代で。


僕はアルバイト先の、サブカルチャーや音楽、映画などにめっぽう詳しい、
(その頃はすごく仲がよかった)女性の先輩に教わった。
時流に乗ることがまるで、自分のアイデンティティに関わることかのごとく
流行りモノには拒否反応を示さずにいられなかった、ガキな僕は
「(俺は)踊らねー。」などと言っていたものだ。

踊る大捜査線 THE MOVIE
踊る大捜査線 THE MOVIE
を映画館で観たのはたまたまだった。
柳葉敏郎演じる室井参事官と、織田裕二演じる青島刑事との
友情に、不覚にも目頭が熱くなったのを覚えている。

TVシリーズがレンタル店の棚に並んでしばらくしてから
僕は、「踊る大捜査線」を観出した。
もうリーマン稼業をやり始めてからの頃だ。

「絶対、上にいってやる」
室井の科白はそのまま自分にはね返り、
「なんで所轄に情報が降りてこなかったんですか?!」の
青島の言葉も、カイシャの都合に翻弄される僕に、突き刺さった。
あまりにチンケな自分は置いといて
僕は室井さんのような男になりたかった。
孤高で、自分の信念に忠実で、一途で、寡黙で。

今はただ、通すべき自分の正義も筋も失くしてしまって
僕は単なる歯車だ。

同期のY。
世事に長け何事も丸く納める術を知っているY。
彼が、「踊る大捜査線」の熱狂的なファンであることも
今になってはその理由がよく分かる気がする。
ああ。彼も自分のナニカを曲げて、ナニカを飲み込んできたのだろう。
それこそ僕が想像もつかないレベルで。

容疑者 室井慎次
容疑者 室井慎次

を観た。今更。

今でも柳葉敏郎演じる室井が貫こうとする、
「自分ガ信ジルコト」に対して
胸が熱くなった自分に戸惑う。

所詮僕はしがないリーマンだ。
妥協と落とし所と、最大公約数のなかで
右往左往する程度の存在だ。
通すべき「自分ノ正義」も「筋」も失くしてしまって。
だからこそ、柳葉敏郎演じる室井の不器用ながら
自分ノ信ジル道をリスク承知で、貫こうとする姿に感銘を覚える。
所詮、映画という虚構の中であったとしても。

印象的なセリフ
 
 「みんな正義とういうものが怖いんだ。」
 「覚えときなよ。真実じゃカネになんないの。」
 「真の権威とは勇気を忘れないものに与えられる。」

PS:
あいも変わらずチャキチャキと走り回る
田中麗奈は可愛かった。




スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 06:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
敵は犯人だけではなかった。権力と法の罠が、室井管理官を窮地に陥れる。警察庁と警視庁、二つの正義に挟まれた室井。今まで語られることのなかった室井の過去が明らかになった時、室井は窮地に追い込まれていく。果たして室井はシロか、クロか!? 特典ディスク付きの2枚
  • 容疑者 室井慎次
  • 2006/05/28 8:09 PM