calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フィッシュマンズ「若いながらも歴史あり」@10年前から何も。

ヴォーカリスト 佐藤伸治が1999年に雲の上に行ってしまったのに。


1990年代に孤高でサイケデリックでダブで、
何よりもひとのココロを打つ詞を放ったバンド、
フィッシュマンズ周辺が騒がしい。
公式サイトはここ

フィッシュマンズの魅力に関しては「2005.02.11 Friday 音楽評:フィッシュマンズ」で、クドクドと書いたのでここでは繰り返さない。
少なくても人生の何かを変えてしまったバンドだ。

若いながらも歴史あり 96.3.2@新宿LIQUID ROOM
若いながらも歴史あり 96.3.2@新宿LIQUID ROOM

が2005年11月9日にリリースされた。
1996年3月のライブ映像。
10年前だぜ。
全く色あせていない。

前の月(1996.2.1)にリリースされた金字塔的アルバム、

空中キャンプ
空中キャンプ

がリリースされたばかりのライブ。
演奏のアレンジも基本的には、「空中キャンプ」に収録された
それと大体同じ。
しかしついに、ライブに行くことができなくなった
僕には貴重な映像だった。


「孤独」とか「"永遠"の否定」とか「無力」を力まずに
認めて、何事も「刹那」であって「永遠」ではないことを
まさに空中に浮かぶような浮遊感で歌ってのけたフィッシュマンズ。

それが10年後の今、またもや再評価。
生き馬の目を抜く音楽シーンでは稀有なことだ。
フィッシュマンズのそのオリジナリティゆえなのか。
それとも10年前から、
(僕を含む)リスナーが抱え、シェアしたいものは
全く変わっていないのか。

もし後者なら、そして極言すれば
もう根拠のない上昇志向やら社会が求める「MUST」に
背を向けたある種の人々は
景気の回復にも何にも捉われず
その数を増しているのか。


スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 01:40
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
フィッシュマンズは名前だけ知っています。

「空中キャンプ」よさげなので聞いてみますね。

寒いの嫌いです。
3A.M.O.Pさんのブログみてたら
パタゴニアが魔法の防寒具に見えます。
貯金中。。
  • サーカス
  • 2005/12/03 4:27 PM
 >サーカス さん


「空中キャンプ」、マジ最高です。
是非、聴いてください。

>パタゴニアが魔法の防寒具に見えます。

結構、魔法ですw。
狙い目は、新品じゃなくて
型落ちの古着っす。
  • 3amop@静かに暮らそうぜ バナナ メロン
  • 2005/12/04 1:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
クリスマスの夜に空を眺めてみてはいかがですか??
  • クリスマスと星空
  • 2005/12/02 1:42 AM