calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

クリーナーのお掃除@油まみれ

まだ、調子が悪い。


愛車SR400「ぶんぶん丸」(BNFMさんの命名を暫定採用。まだまだ募集中)は
バックファイアー(エンジンの燃焼室内の正規の燃焼ではなく、マフラーの外付近で燃料が爆発する現象)
を、未だに出す。



以前の「BANG!」という、銃声かと思うほどの音ではないが
「ポスン」と、控えめかつ執拗に爆発音がする。
もちろん、バックファイアーが起こるという事は、
エンジンに負担をかけることになる。
てめーこれ以上、オーナーである俺に何を要求しているんだ?(#´_ゝ`)

僕の愛車はノーマルのSR400のように
エアークリーナーボックスと呼ばれるものが無く



通称「スカチューン」と呼ばれる改造が、買ったときからされている。



この改造は、見た目は非常にカコイイ。
ただ、キャブレター
(エンジン部分に燃料と空気とを最適な割合で混合する機器)と、
パワーフィルターと呼ばれる空気を取り入れる
エアクリーナーがむき出しになる。



スカチューン状態のパワーフィルターは
人間で言えば、肺がむき出しの状態に近い。

パワーフィルターが汚れてくると、
当然エンジンに送られる燃料と空気の混合気が
汚染されて、バックファイアーの原因ともなる。
と、
僕の向かいに住んでるバイク歴25年(推定・元暴走族)の
おじさんが言っていた。

「まあ、そんな高いパーツじゃないし、
取り替えちゃったら?4000円ぐらいだよ」
byおじさんA.K.A暴走族。

。。。。。。。高い高い。

取りあえず、自分でパワーフィルターをメンテしてみることにした。
またもやドライバースタンド南大井2りんかんに向かう。

店員さん曰く
「(パワーフィルターのメンテに必要なのは)
クリーナー液とオイルスプレーですね。」
とのこと。
さっそく購入。



ついでに工具を借りて、恐る恐るパワーフィルターを取り外す。
マイナスドライバー一本で
あまりにあっけなく簡単に取り外すことができた。



。。。こんなにあっけなく取り外せると、
なんだか自分のバイクに不信感を抱く。

何はともあれ、飲んだら死にそうな色をしているクリーナー液をかける。
毒汁としか言いようがない嫌な色の液体が、パワーフィルターから滴る。
そして水洗い。
南大井2りんかんの洗面所で、他人の迷惑お構いなしで洗う。
水分を切って、オイルスプレーを噴霧する。
オイルは、汚れや水分の吸引を防ぐために必要らしい。
これまた「吸い込んだら死ぬかも」な色。
みるみるパワーフィルターが歌舞伎町ばりのピンク色に染まる。

すべての作業が終了。
装着してみる。



おいおい大丈夫か?
ずいぶんエロい色に染まってるけど。
しかし触ってみると確かに油の感触。

噴霧したオイルに引火したらどうしようと
ビビりながらキックペダルを踏む。
しかし、昼飯を食べるために
家系ラーメンのまこと家に駐車して
キーをOFFにすると
「ぶんぶん丸」は、相変わらず
「ポスン」と、控えめかつ執拗に爆発音を立てた。



。。。。てめー、この野郎。(#´_ゝ`)(#´_ゝ`)(#´_ゝ`)
これ以上、どうしろってんだ。



スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 19:12
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック