calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

補遺 Tokyo No1 Soul Set@「TRIPLE BARREL」を振り返って。

やはり、TOKYO No.1 SOUL SETは異端で、詩的でそしてハードボイルドでい続ける。



新譜の

OUTSET
OUTSET
TOKYO No.1 SOUL SET

を聴いて、いたく感動した僕
95年4月リリースの「TRIPLE BARREL」を久々に聴く。

TRIPLE BARREL
TRIPLE BARREL
TOKYO No.1 SOUL SET

結局、ダイジナコトは何も変わっていない。
しいて言うならば、音の変化か。
生々しいハードボイルドなサンプリング主体の音は
多少影を潜め、ビートはハウスに近い。

BIKKEの焦燥感に満ちた、黄昏に馴染みすぎる
コトバは健在だ。

「TRIPLE BARREL」がリリースされた95年。
10年前だ。
僕は18歳で、飲めない酒を無理に浴びながら
ありったけの馬鹿なことをしていた。

「"ニッポンノHIPHOP"とは何か?」という問いに、
スチャダラパーともかせきさいだぁ≡とも異なる、
彼らしか出せない答えを叩き出してきた。

マーケットとしての「じゃぱにーずひっぷほっぷ」が
台頭した後に、
雨後の筍のように出てきた、
自称「ドープ」、自称「ILL」の
誇大妄想じみた「B-BOY」が垂れる音源より
どれだけTOKYO No.1 SOUL SETの新譜を待ち望んだことか。

もうTOKYO No.1 SOUL SETが、HIPHOPか否かという問いは
問題ではなかった。意味を成さなかった。
少なくても僕の中では。
オンガクとして優れていればいい。
そう思う。

TOKYO No.1 SOUL SETが、どれだけTOKYO No.1 SOUL SETという
アートフォームを研ぎ澄ますか。
それにしか関心はなかったし
そして新譜「OUTSET」まで、
10年前のファーストアルバム
「TRIPLE BARREL」から、
彼らはそれを研ぎ澄まし続けていたのだ。

それは決して停滞ではない。
確立であり、充実なのだ。

センチメンタルかつハードボイルド。
僕は彼らのコトバにヤラれっぱなしだ。

"JIVE MY REVOLVER" tokyo no'1 soul set(From「TRIPLE BARREL」)


 自分と自分の癖に折り合っていく
 それで精一杯なんだけれども

 抱え込みすぎたこの毎日 電話することも臆病になる
 逃げてる訳ではないけれど 逃げられるものならそうしたい
 あなた達のやさしさから
 求めるものが判っているのに そうなればいいと思っているのに
 僕のおかしな過去に触れ 君の周到な曖昧さで
 練り上げて出来た話など全て 忘れるために聞いているのさ
 根本的な新しさはなく 大胆なバリエーションに過ぎない
 長ったらしいカタログは
 何の役にもたちはしない、何の役にもたちはしない

 自分と自分の癖に折り合っていく
 それで精一杯なんだけれども

 抱え込み過ぎたこの毎日 重なり合う多くの事情
 決して悪気があるのではない 約束したのを忘れたって
 やさしさだって忘れていない
 しっかりと全てお膳立てされた 君の秘密の動作はまるで
 夢のようにしか見えないのだが 僕だってそれは出来るのだ
 夢見ることも止めることも
 守るべき一つの明らかな義務は それを全て受け入れること
 僕らは時に驚くほどの 相応しくない事を口にする
 来る日も来る日も万事好調 昨日は本当に良く眠れたか

 抱え込み過ぎたこの人生 君達の顔は思いだせる
 本気だったのは間違いない 夢中になった心もあったけど
 夢には一度も出てこない
 偶然が許した例外なのに 贅沢な期待を持ち過ぎたため 
 それどうしの共食いになってる
 始めであり、最中であり それは君の終わりだった
 桁外れの訳あり顔で笑い 苦しみのない方法で癒す
 酔わない酒を頭から浴び 夢も見ない他愛のない眠りに
 また今日も就くのだろう ここと今からは逃げられない

 もし君が何かを得ることができ また君が何かを失うなら
 もし君が何かを得ることができ また君が何かを失うなら



スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 01:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
はじめまして。ここ読んでいたら久々に聴きたくなったので今日「TRIPLE BARREL」注文しました。夜中にこっそり聴くのが好きでした。届くのが楽しみです♪
  • BNFM
  • 2005/07/13 11:52 PM
BNFM さんはじめまして。
「TRIPLE BARREL」はいいすよね。
10年前だというのに全然色あせない格好よさ。
新譜の「OUTSET」も、合いも変わらずの
TOKYONO1SOULSET節で、ヤラレっぱなしです。
今後とも、「3A.M.O.P-午前三時のオプ-」を
よろしくお願いします。

PS BNFM さんのblogみました。出身名古屋だそうですね。
僕も仕事で一時期出張してました。
しょっちゅうキャバクラに引っ張りまわされていたのも
今となってはいい思い出ですw。
大須観音の古着屋が好きでした。

たまにはまともなBlogも読みたいので
リンクさせていただく思いますが宜しいですか?
  • 3amop
  • 2005/07/14 10:31 AM
レス有難うございます、そしてリンクも!感激です。
「まとも」からどんどん離れていきそうな私のBlogですがそれでもよければよろしくお願いします。こちらもBlog Listに入れてあります♪

そういえばここに最初に来たのは「ブラッスリー・アブサン」を検索しての事だったと思います。いい店ですよね。

我が家はキャバクラより風俗が多い一帯にあります。近所にメイドパブとか…正直昼間っから客が入ってくのを見ると凹みます。orz
  • BNFM
  • 2005/07/14 3:17 PM
>BNFM さん
「ブラッスリー・アブサン」は本当に居心地がよくて
名古屋時代は足繁く通っていました。
バーテンの池戸さんって方に良くして頂きました。

>キャバクラより風俗が多い一帯

w。栄か錦かかな?
某おっ●いパブの呼び込みの声が面白くて、
ゲタゲタ笑わせてもらっていました。
名古屋って、何かにつけて
やっぱ東京とは違うなと、変なところで
実感してました。w
  • 3amop
  • 2005/07/15 4:50 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック