calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Tokyo No1 Soul Set 「OUTSET」@they are still hard boild!

昨日と変わらず、ベッドに張り付いて暮れて行く一日。


たっぷり眠っているはずなのに、
息をするのも辛いほど疲れている。
何故だ。
そして19:00ぐらいになって
やっと何かしようという気力がわいてくる。
典型的な欝症状だ。
あの日以来、そんな感じだ。
全くやってくれるぜ。処方箋屋。

TUTAYAに行って、Tokyo No1 Soul Setの新譜、
「OUTSET」を借りる。
やっと奴らは帰ってきやがった。

OUTSET
OUTSET
TOKYO No.1 SOUL SET

1999年にリリースしたライブ盤「99/9'99野音」から
6年ぶりのニューアルバムだ。
初めて聴いたのは「黄昏'95〜太陽の季節」

黄昏¥'95 〜太陽の季節
黄昏¥'95 〜太陽の季節
TOKYO No.1 SOUL SET


だった。

もう10年か。
僕も歳をとるわけだ。

日本のHIPHOPが胎動し始めていた頃に
ラップともポエムリーディングともつかない
淡々としたコトバを、ボーカルであるBIKKEの独特の
湿って優しい声は、ジャンルにとらわれないハードボイルドな
サウンドに乗っていて。
そして、僕は何度も何度もリピートして聴いていた。

ワンアンドオンリー。
そうだとも。
Tokyo No1 Soul Setはいつだって異彩を放っていた。

クラブミュージックというよりは
むしろ、エアコンが効いた部屋で
一人か、気の置けない友達とでウイスキー片手に
体を揺らしながら聴き入りたい音楽。
部屋の明かりはできれば、間接照明で。

新譜「OUTSET」は、相も変わらずスリリングで
叙情的でワンアンドオンリーだった。
音は、ダンスミュージック寄りになったのかもしれない。
僕はハウスビートに乗せた「Go Right」を聴く。
まるで路上の詩人。

「Go Right」 Tokyo No1 Soul Set
==================================
この世に無い事など無いのだと
そう、全てあり得る事なのだと
知らされてしまったのさ

涙 風に吹かれ 疲れ果て倒れた
彼は舞い散る中 全てを忘れたさ
誰かの声がして 姿を追い掛けていく
空に星を見つめ この手を握り締め

吹き抜けていく風 立ち尽くす想いは
白い吐息の中 姿を消して行く
痛み忘れ始め 何処までも響き渡る
暮れた空に灯る 輝く星の歌

風にさらわれていく 壊れかけ我を忘れ
霞む星に願うまだ見ぬ明日の歌

小さな希望の光り そして大きな失望の光り
この帰り道を急ぐ人達の雑踏を しんしんと白く消して行く
まだ答えを出さないこの季節に まだ夢を見ているこの季節に
しがみついて放さない 闇雲に信じていたのさ わかってはいるのだが

この街にもいずれ 暖かい風が吹くことであろう
一面真っ白ななっていた景色も 徐々に姿をあらわし
色鮮やかになって行くことであろう
そしてそこには光りが溢れているのだから
とにかく終わりまでまっすぐ行くのだ
そう、とにかく終わりまでまっすぐ行くのだ その道を

==================================

僕はアナログLPが出ているなら
買ってもいいと思うぐらい、気に入っている。
きっと買ってしまったら当分、
ターンテーブルにそのLPは乗ったままだろう。
レコード針を上げることすら難しいだろう。

スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 23:06
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
新しいの出たんだ。
かわなくちゃ・・・・
  • ぎゅう
  • 2005/07/07 3:34 AM
>ぎゅうさん

相も変わらずTokyo No1 Soul Set、
いいっす。
最近では「電気グルーヴとかスチャダラパー」もお勧め。
  • 3amop
  • 2005/07/07 11:20 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック