calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

試練。もしくは不条理。

壊れたバイク(SR400)を駆って、地元の友人が集う教会に向かう。


(注:3amopは小さい頃に洗礼を受けたが、今は思うところあって
 滅多に日曜日に教会に行かない、いんちきクリスチャンです)

地元の後輩のT.Sが入院したので気がかりだったのだ。
彼の母親に会う。かなり彼女は参っていた。
彼は急性白血病だという。
血液の癌だ。
 
明日から抗がん剤の投与が始まるため、
免疫力が落ちて感染症にかかりやすくなる。
本当は落ち着いた頃に、行くのがいいのだが
彼の母親の了解を得たうえで
急遽、友人と連れ立って慶応病院に入院する彼の元へ
見舞いに行くことになる。
後輩の車に、心配した友人が詰め込まれ
信濃町に向かう。

病室の彼は、こちらを見て微笑んだ。
リンパ腺が腫れて呼吸を圧迫されるので
酸素吸入の管を鼻に付けていた。
極力馬鹿な話をして、気分を紛らわせようとする。
T.Sの彼女は泣きそうな顔をして笑っていた。

敬虔なクリスチャンであるT.Sの母親は
彼のために祈ってくれと言った。
僕らは順番に祈る。
僕の番だ。言葉に詰まる。
本当にカミサマとやらはいるのか。

正直彼と彼の家族が直面する今の状況が、何を意味するのか分からない。
もしこれがカミサマが与えた試練というなら
その意味は僕には分からない。
ただただ、彼と彼の家族がその試練を耐え抜くチカラをください。
そして一日も早く、彼の健康が回復して
また僕らといつものような日々を過ごせるように。

そんなことを僕は祈った。
また来るといって、僕らは病室を出た。
エレベータまで彼の母親と、彼の彼女が送ってくれた。
泣いている彼女を言葉は無力であることを
承知で慰める。
 
口数少なく僕らは車に乗り込む。
コトバは無力だ。

スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 22:53
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック