calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

雑感・JAPHOPとヤンキーの通底

(前日、泥酔しているため加筆修正しています)

眠れないので雑感。以下ジャパニーズヒップホップに関して。


興味のない人はスルーで。

さて、
男女問わず20代以上で
日本のHIPHOPを聴いている人はどれだけいるのだろう。
ちなみに
28歳男性3amop改め
職業・駄目情報セキュリティコンサンルタントは
THA BLUE HERBとか、むかしのTWIGYとかRINOが好きだ。
あとは、NITROKRUSHシュレン・ザ・ファイアー

割と興味を持って追っているジャンルではあるが
好きなものは限られる。
THA BLUE HERBは(個人的には)言うにも及ばず、
ああ。確かにRINOが2001年にリリースした
Carnival of Rino - RINO LATINA 兇發覆なか格好よかった。
あとは?
う〜ん。ひとに勧めるほどのものは。。。。

その他多くの、ジャパニーズヒップホップは唄う。

気合い。
根性。
仲間への友情。
地元への愛
(自分以外の)似非ラッパーへのDIS(disる→ disrespectの略で他人をけなすこと)。
リアル。
マザファッカ。
マザファッカ。
マジヤベエ。
マジヤベエ。
ビガッ。
ビガッ。

それはHIPHOPが生まれたニューヨークの貧困と差別
そして犯罪が日常茶飯事の
現実の中では切実なメッセージかもしれない。

しかし日出ずるクニ・ニッポンでは別の話だ。
偏見のバイアス越しにそれを観れば
コンビニの前にに深夜座り込んで
客を威嚇するときのエクスキューズ。


ニッポンでニッポンゴのヒップホップを聴く上での魅力って?
韻を踏む快感?
それは他のジャンルでもしてるよ。
友人にかつて「ヒップホップの魅力は韻だ」と
弱弱しく主張したとき
他のジャンルで韻を実践している詩人として
持ち出されたのは詩人草野心平だった。
僕はそれ以来、ニッポンのヒップホップファンだということを
他人に言うことをやめた。
一部に耳ヲ貸スベキ作品があることを説明することが面倒だったからだ。



恒常的に存在する敵の消失。

日本にここ数十年存在する特殊なカルチャーである
ヤンキーと
ニッポンのヒップホップに
通底する特徴であり限界だと僕は思う。

気に食わないものへの罵倒。
仲間への賛美。
明日より今日。
この瞬間が全て。
オトナハ信用スルナ。

若い頃はそれでもいい。
本人達にも、もしくはリスナーにも
「敵」は存在している。
オトナ。
金がないこと。
その他諸々の社会への不平不満。
ヒップホップでもヤンキーでもここまでは同じだ。
だからこそ、若い僕らはB-BOYの
コールにレスポンスするのだ。

しかし歳を食えば食うほど、
絶えず直面する
「敵」(大人?業界?自分以外の気に食わない奴?)は
実は減っていく。
それはヒップホップの現場にいる「B-BOY」であろうとなかろうと、
ヤンキーだろうと、社会人だろうと
どこにいようと同じだ。
対等に上等切れる相手は、若い頃に直面していた「敵」とは
意味が違う社会的制約によって、
自ら減らさざるを得ない。
ある人はそれをしがらみとも言う。

歳を食ったあとに増えるのはむしろ
「沈黙を強いられるか、したたかに触手を逃れざるを得ない」怪物だ。
『リアルじゃねえ』から取引先をDISるか?
SELLOUT(商業的に自分自身を売ること。)だから会社辞めるか?
上司殴るか?
自営業にでもなるか?
リーマンでラッパーデビューか?
「敵」はもはや「敵」ではなく
別なモノに形を変えている。

「敵」に相対することの限界を、肌で感じるから
ヤンキーは20代を前に「落ち着く」と称して無茶をやめる。(偏見)

自分のいる場所の(少なくても決裁権者には)従順に振る舞い、
(それが彼ら曰く「オトナニナル」ということらしい)
早々に家庭を築き、温和な顔で、ささやかな小遣いで
愛車のパーツを買い満足する。
ある意味で賢明な選択だ。
「敵」を「敵」として相対するよりも
よほど効率的だ。
(真面目に受験勉強していた彼らの同級生は嘲笑するのかもしれない)
ニッポンの地方都市で
掃いて捨てるほどありふれた光景。

一方、ステージの上に一旦立ってしまったジャパニーズヒップホッパーは
商業的成功を一旦おさめても
そのイメージを、表出してしまうことは本来は許されない。
「温和な顔でささやかな小遣いで愛車のパーツを買い、満足する」生活は
彼らにとって破滅だ。
何故なら、恐らくヒップホップとは永遠の反抗であり
ある意味で「敵」につばを吐き続ける行為ということを期待されているジャンルだから。
少なくともJAZZやフュージョンに期待されていることとは違う。
(ロックなどでは、そうかも知れないが。)

幸か不幸か、日出ずるクニ・ニッポンでは
ヤンキーとB-BOYの限界は等しくここにあると思う。


多くのニッポンのB-BOYは
自らの商業的成功を維持するために妥協した相手のはずの
「敵」を絶えず罵り
直面しているはずの「怪物」には目を伏せる。
そしてどんどん真実味を失っていく。
「敵」を罵ったまま、マスへのシンパシーに届く音を出せる者達は希少だ。
そのB-BOYが商業的成功をおさめておればなおさらだ。

例えば、THA BLUE HERB。
きっとあんたが「戦え」といえば
僕らはそれぞれの現場で「戦い」を挑もうとする。
ささやかにしたたかに。
理由はわからないが。
そうまでさせるリアルティや姿勢が
他のニッポンのヒップホップには希少だ。

他のニッポンのB-BOYにはそれを感じることができない。
「怪物」に歯を剥いたら自らが
ステージから消え去ってしまうから。
それでも『証言』の続編でも唄うか?

「敵」は消えて、「怪物」しか残っていないのに
まるであいもかわらず
「敵」は目の前にいるかのように
繰り返す悪口雑言。もしくはライムに名を借りた俺節。
そんなもの、地元の居酒屋で
耳を澄ませば、確実にテーブル向こうから聴こえる程度の
価値のないものだ。ほら、隣のテーブルはウーロンハイ3つだ。

別に「怪物」に取り込まれて
大人しいラップでもしていればいいのに、なんてことは思わない。
「怪物」に取り込まれた後の処方箋、もしくは「敵」とも「怪物」とも
無縁な何かを表現する
ニッポンのヒップホップが(僕が知っている限り)、稀有なだけだ。

「怪物」を知る歳になったリスナーは
いつかそれを見抜き淘汰が始まる。

その程度の話芸で、前後十年間、
音楽ファンの一部を取り込み、巻き上げた功罪は大きいと思う。

極東の島国で「黒人のCNN」は、スターチャンネル以下か?有料か?

スポンサーサイト

  • 2014.03.25 Tuesday
  • -
  • 02:33
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ほんといい。うん。
いいね、これ。
何度も読み直したいね、これ。
ありがとう。
駄文だけど、ずっと感じていたことです。
嫌いじゃないジャンルだけに
思うところは多々あるわけで。
  • 3qmop
  • 2005/04/11 12:28 AM
今気づいた。
TBありがとう。
そちらも濃い会話してますなw。
  • 3amop
  • 2005/04/11 2:36 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
思考遊戯 の発言 : 今、CD出したラッパーなんて何百人といると思うけど 思考遊戯 の発言 : 40、50の時、何してるんやろってね e-sung の発言 : ほんまやなあ。 e-sung の発言 : アフリカバンバータみたいになりたいな。 思考遊戯 の発言 : そんなんサッカ
  • 思考遊戯主義〜Bな男塾〜
  • 2005/04/11 6:17 AM
思考遊戯 の発言 : 順風満帆で死ねるならええけど、清原でも挫折がある訳やからなあ 思考遊戯 の発言 : それを乗り越えんとあかんね e-sung の発言 : うんうん e-sung の発言 : 乗り越えんとあかん。 e-sung の発言 : 乗り越えよ。 思考遊戯 の発言 : OKIさ
  • 思考遊戯主義〜Bな男塾〜
  • 2005/04/11 6:17 AM
思考遊戯 の発言 : 男子、三日会わずんば括目して見よ って言葉が好きで e-sung の発言 : ほう 思考遊戯 の発言 : いつまでも俺ってこういう人間って何年も前の事ウダウダ言われても困るし、どうでもええわってなるけどね e-sung の発言 : うんうん 思考遊戯
  • 思考遊戯主義〜Bな男塾〜
  • 2005/04/11 6:16 AM
思考遊戯 の発言 : トラック前作ってくれたやん、でも機材も人もおらんのよね 思考遊戯 の発言 : 俺の昔のクルー組んで遊んでた連中はみんな東京行ったり仕事が忙しすぎてあかんわ e-sung の発言 : そうなるよなあ。年齢的に。 思考遊戯 の発言 : 遊びって言った
  • 思考遊戯主義〜Bな男塾〜
  • 2005/04/11 6:15 AM
日本語ラップに関しての雑談。 かなり濃いいと思うので興味のある方だけどうぞ。
  • 思考遊戯主義〜Bな男塾〜
  • 2005/04/11 6:11 AM